2013年06月12日

iPad初心の初心

iPad初心の初心
その1 13.5.25記
その2 13.5.27記
その3 13.5.28記

   …………………………
その1
 わたしのパソコンはデスクトップのテレビパソコン、持ち歩きはできない。わたしはケータイを持っていないので、旅先でもパソコンが欲しいときがある。ノートパソコンの購入を検討していたが、どうも決められずにいた。
 そのうちにタブレットが進化してきた。
 千寿会でも千寿師父が勧めた事もあり何人か持っている。

 維持費はどのくらいか。それでいろいろと話をしていると、人によって違う。
 無料だという人がいる。インターネットに繋がなければ無料だと判っているが、旅先でインターネットに繋ぎたい。
「パソコンがwifi環境がになっているのなら全国無料で繋がる」
「wifiの電波って数メートル、長くても数十メートルではなかった?」
「そんなことはない。全国に届く」
「そのとき家のパソコンは繋いだままにしておくのかな」
「家のパソコンは関係ない」
 どうにもこの意味がつかめなかった。
 家がwifi環境になっていることと、旅先で繋がるかどうかの関連性が判らない。場所によっては繋がらないともいう。
 有料だと言う人もいる。タブレットのためにインターネット料金を払っている。
 わたしは光回線に加入しているので、二重にインターネットに加わる気にはならない。
 いろいろ調べていると、wifiルーターが必要だと判った。あるところで金額は三千円弱。それなら買ってもいいと思ったら一ヶ月の料金。ウワー。
 そういえばNTTで数百円で繋がると言っていた話を思い出した。
 調べてみると、NTTでは光ポータブルといい、ひと月735円だった。
 本体315円+wifiクレードル210円+スポット利用料210円。クレードルはオプション。
 また判らない言葉が出てきた。wifiクレードルって何だ。スポット利用料なんて初めて聞いた。さらにこれはNTT東だけで、エリア以外に行けばそこのスポット利用料が別にかかるという。
 最低でも千円近くかかりそうだ。無料だという人は本当に無料なんだろうか。別な名目で料金を払っているので、気がつかないでいるのではないのか。
 そんなわけで買うのを躊躇していたのだ。

   …………………………
その2
 千寿師父や碁友たちに勧められて、iPadを検討していたが、新聞もiPadで読めることを知った。これで機種はiPadにほぼ決定した。文字を読むには微細な大きな画面が必要なのだ。小説が読めることは知っていたが、わたしの読みたい本があるかどうか。期待していなくて考慮の外だった。だが使えそうだ。
 iPad について調べて判ったこと。(例えばiPad売り場の販売員に訊いたなど)
1 光ポータブル315円はいつでも必要。これがないとインターネットに繋がらない。
2 wifiクレードル210円は不要。(光ポータブルなしで使うなら必要。と言うことは光ポータブルは要らないってこと? もっともwifiクレードル単独ではレンタルできない)
3 外出してスポットを利用するときスポット利用料210円がいる。
4 NTT東でスポット利用料を払えば西でも使える。
5 最初の疑問、家がwifi環境になっているかどうかは無関係。家では有線でも外ではwifiになる。(家がwifi環境ということは、wifiクレードルを使用中ということか)
 こうなると、年1〜3回程度の旅行のときはスポット利用料が必要だが、そのために毎月210円を払い続けるかと考えてしまう。まあ、いざ使ってみると、いろいろな使い道が出てくるだろう。
 おっともうひとつ問題が出てきた。充電はUSBケーブルと言っていたが、ホテルなどにそんな設備があるのかな。
 これは電源タップがついていた。コンセントからUSBケーブルに繋げる。
 こう見てみると、知っている人は「なんてバカバカしいことに悩んでいるんだ」と呆れることだろう。

 ようやくNTTに光ポータブルを申し込んだ。
 届く前にiPadを用意しなければならない。(順序は逆でもよい、むしろ逆の方がよい)
 5月12日、某店でiPadを買ったが、結論から言えばアップルストアで買った方がよかったようだ。というのは、アフターサービスは全てアップルストア任せで、その店では一切しないという。
本体     66,800円
カバー     4,400円
保護フィルム  1,980円
2年間補償   8,800円
合計     81,980円
 これを24か月で割るとひと月3,416円となる。
 インターネット料が毎月525円(光ポータブル+スポット利用料)。
 ひと月約4千円か。わたしは五年は使えると思っているが、どうかな。
 有料アプリを買うには先にカードを買い、そこから支払っていく。面倒とは思ったがよく考えてみると、ネットでお金をやりとりするような、余計な心配をしなくて済む(これはクレジットカードか必要だった)。
 さて、光ポータブルが届く前に手続きを済ましておこうと思っていたら、wifiになっていないと使用開始の手続きができない。結局光ポータブルを待つことになった。

   …………………………
その3
 5月18日、光ポータブルが届いた。なんと、「クレードル」が一緒に入っている。
 返すために連絡しようとしたが、とりあえず説明書を読んでいたら、これは付属の標準クレードルで、有料のwifiクレードルとは別であった。
 結局はクレードルは必要なのだ。今まで一度もそんな話がなかったので、不要と誤解していた。wifiクレードルとクレードルは別であった。
 このクレードルはラインでルーターにつなぐ。そしてクレードルとポータブルは直結している。ここに至って、ようやく光ポータブルに情報が届く理由が納得できた。これまでなぜ光ポータブルがあるだけでいいのか不思議だったのだ。

  結論は、「光ポータブルだけでは繋がりません。クレードルも必要です」

 さてそこでiPadを立ちあげようとしたら、立ち上がらない。言語と国を選択したら「バスワードを入れよ」と出てくる。最終的にはこの意味は判らないままであるが、立ちあげるためのわたしのパスワードを設定せよ、という意味だと思い、それ以外の事もあり、半日いろいろやってみたが、どうしようもない。
 19日、銀座のアップルストアに出かけた。ここで、これから買おうとする人には懇切丁寧に説明しているのを見た。これがアップルストアで買った方がよいと思った主な理由だ。
 わたしの相談時間はそれから四十分後の予約で「10分間」の制限あり。
 わたしの懸念は一瞬で解決した。パスワードは何もせずパスして、最初の画面に。その意味ややり方を教えて貰いたかったが、まあ最初の1回だけで後は不要の知識なので質問を飲み込んだ。おそらく5年後のiPadは別なやり方になるだろうし、他のタブレットは別なやり方だろう。このパスワードは別なことに使うのではないか。例えば今まで使っていた人が機種を替えたとか。
 光ポータブルを使えるようにして貰う。これはキーワードを入れるのだが、そのキーワードがどれか判らなかったのだ。そして言われた「これでインターネットに繋がっています」。これがまた誤解の原因となる。

 家へ帰って試してみた。パソコンのラインを外しても繋がる。たしかに無線LANになっている。
 ここでiPadを使用すると、いつまでも「読み込み中」で一歩も進まない。結局1日かかって、銀座まで出かけて、初期画面が出るようになっただけ。

 勧めてくれた友人にメールして教えを請う。
 その内容の結論は「wifiで繋がっていることを確認せよ」。
 確認しながらやっていて気がついたが、iPadを使おうとするとき、クレードルを外していた。アップルストアで、外した状態なのに繋がっていると言われて、iPadはそういうものと錯覚したのだ。もちろん電源スイッチは入れたままである。電源スイッチを切るとiPadは反応しない。

   「光ポータブルだけでは繋がりません。クレードルも必要です」
 はiPadでも同じだった。

   …………………………
 苦心談はこれからも続くのであるが、ここまでは入門前に知るべきこと。ここから先は入門後の初級編になるので、機会があれば書くことにする。

 この下の八雲さんのコメントに助けられました。これからiPadを求める方の参考になります。
posted by たくせん(謫仙) at 10:27| Comment(7) | TrackBack(0) | 山房筆記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
外で使えるwifiというのは公共無線LANといい、駅や空港、マクドナルドやスターバックスなどの店で使えます。しかし、自宅の無線LANと同様に電波が届くのは建物内ぐらいなので使えるのは、ほぼその施設の中だけです。
使えるところは限られますが、料金は月1000円までくらい、又は使った分だけの支払いになります。NTTのサービスもこれに入ります。

外でも使えるのは携帯の電話回線を使うか、モバイル通信会社と契約して専用ルーターを使って繋ぐものです。
電話回線を使うのですから、携帯を契約するのと同じです。使っただけ通話料金がかかり、ネットをすれば音声通話よりデータが多いので、使い放題プランを契約していても月4000〜6000円、契約していなければ下手をすると数万円以上にもなるでしょう。
専用ルーターだと定額で月4000〜5000円くらいです。
どこでも使える便利さはありますが、その分投資も多くなります。

私の場合は、メールのチェックや電車の乗り換え案内、地図を確認など最小限のことだけスマホでつなぎ、調べ物などのネットをするときはwifiを使える場所で行います。
タブレットも、自宅や例えば旅先のホテルの無料LANを使うだけなら通信費は無料です。
ただタブレットは、有線LANコネクタが無く、ホテルは有線LANしかないことが多いので、私は、有線→無線にするポケットルーターを使っています。大体2000〜3000円程度です。
Posted by 八雲慶次郎 at 2013年05月26日 09:52
八雲さん
 なんとか8月の旅行までには使えるようにしようと思っています。
 公共無線LANは、ほぼその施設の中というのは意外。その近くなら使えるのかと思っていました。
 この費用が「スポット利用料」ですね。
 自宅で使うには無料。つまりスポット利用料は要らないのですが、公共無線LANでは必要。
 無料をうたうホテルで使うときは要らないのでしょうか。販売店の説明では要るような説明がありましたが、これが判りません。
 わたしが多く使うところはホテルになりそうです。今まではホテルのフロントにあるパソコンを使っていましたが、自分のメールを見たり次のホテルの予約をしたり。安心感がいまひとつ。

 「有線→無線にするポケットルーター」ネットで調べてみると、いろいろ使えるようです。これがあれば光ポータブルは必要なかったのでしょうか。新しい疑問。
 さらに、クレードルを持って行けば「有線→無線」ができるのでしょうか。

 判らないことばかりです。
Posted by 謫仙 at 2013年05月27日 08:29
無線LANの電波は、遮蔽物のない平地でも100mくらいしか届きません。一般家庭の薄い壁程度でも減衰され、せいぜい30m程度になります。なので鉄筋のビルの壁だと、ほとんど通さないです。
もっとも公共無線LANは、その施設を利用する人のためのサービスですので外で使えては意味が無いともいえます。

光ポータブルは持ちだして外でネットに繋ぐための端末(バッテリーの持ちは6時間程度)で、クレードルは光回線を契約している自宅のみで光ポータブルを充電しつつ無線LANを使うものです。つまりクレードルは外に持って行ったら、ただの充電器でしかありません。

謫仙さんが、タブレットをネットに繋ぐのは自宅と旅先のホテルくらいでよい、ということであれば光ポータブルは全く必要がないことになります。
日本国内だと、古い宿でなければほとんどLAN環境があります。無線LANの無料サービスでは、パスワードを教えてもらってつなぎますが、無線LANがある宿はまだ少なく、ほとんどが有線LANです。
そのため前述の通りポケットルーターを愛用しています。
↓私の使っているもの
http://www.iodata.jp/product/network/wnlan/wn-g150tr/feature.htm
これに携帯用のLANケーブルとUSB充電機能付き電源タップ(ポケットルーターに給電用。タブレットにも使える。)をもっていれば、通信費ゼロでネットができるというわけです。
http://www2.elecom.co.jp/cable/lan/ld-mctu/
http://www2.elecom.co.jp/cable/pc-tap/t-uhs01/index.asp
勿論ポケットルーターは自宅でも使えますので、簡単に無線LAN環境を作り、家の中ならどこでもタブレットでネットに繋ぐことができるようになります。
光回線からPCにLANケーブルを繋ぐように、ポケットルーターにケーブルを繋ぐだけです。
Posted by 八雲慶次郎 at 2013年05月27日 19:44
八雲さん
 ポケットルーターを知っていたら、間違いなく利用したでしょう。
 今まで、ポケットルーターの話は一度も聞かなかったし、wifiクレードルやルーターで検索してもその知識は入りませんでした。
 でも光ポータブルを使うようになったので、光ポータブルを活かすことにします。2年後には無料で解約できると思うので、そのときに切り替えようかと思います。でも、その頃には新しい使い方もできるようになるでしょう。
 旅先で、観光地の検索や、先のホテルの予約、メールのチェックなど、ホテルではなくても、公共無線LANでもできるので、なんとかなると思います。
 判ってみるとこの出費は痛いけど、知識を得るための費用と思って耐えねば(^。^)。

 実際、これから使いこなすまで、いろいろと障害が横たわっていそうです。先日、初めてのアプリを買いました。これから本を買おうと思っています。旅先に何冊も本を持って行かなくても済むようにしたいので。それから新聞の購入かな。出勤時に読むために。
Posted by 謫仙 at 2013年05月28日 11:31
wifiクレードルというのはNTTのものでしか使わない単語ですので、検索しても他には出てこないと思います。

iPadを立ち上げた時のパスワードというのは、持ち歩くことの多いタブレットが盗難や盗み見られる可能性が高くなるため、ユーザー以外に見られないようにするためのものです。初期段階やパスワードを設定していないときは、すぐに画面にアクセスできます。パスワード以外のロック方法もあります。(設定した通りに画面をなぞるなど)
アプリはほとんど(9割以上)が無料のもので十分役に立ちます。
逆に新聞は、紙媒体と同内容のものだとそれなりに値が張ります。同じ新聞を購買しているとデジタル版は安くなりますが、無料にはなりません。
例えばA新聞だと、購買しているとデジタル版はプラス月1000円。デジタルのみだと月3800円です。高いです。
Y新聞は購読者のみのサービスでプラス月157円になります。
まだまだデジタルで手軽にとは行かないのが新聞のようです。

なお光ポータブルだと、有線LANのみのホテルではネットが使えないのでご注意ください。
使えるスポットは予め調べておくことをおすすめします。
地方に行くとかなり数が少ないです。
Posted by 八雲慶次郎 at 2013年05月28日 17:44
知らない物を初めて買うときは、多少高くなっても、本来の買い方がいいでしょう。
私が初めてパソコンを買ったとき、2ヶ月待てば数万円安くなる時でした。新しいモデルが出る少し前でしたから。安売り店に行けばさらに数千円安くなるようでした。
まともに買っていろいろな知識をえると、選択肢が広がりました。それで最初に割高だった事を後悔していませんよ。
謫仙さんの場合は数千円なので、無駄というほどの金額ではないでしょう。(笑)
Posted by mino at 2013年05月28日 21:07
八雲さん、minoさん 
知らない判らない時は定石通りですね。
改めて考えてみると、スポット利用料の2年分でおつりがきますので、今からポケットルーターを買っても安上がりだったりします。
期限は7月いっぱい。それまでに使い方を広げてどちらが良いか、もう一度考え直してみます。
 喫茶店に入ると、その値段まで加わりますから(^。^)(^。^)。
 いずれにしても金額的にはたいした金額ではないので、悩むほどのことではなさそう。
新聞は思ったより高いようですが、それより見やすいかどうか、気になります。新聞の記事の配置は芸術的。その良さが生きているかどうか。
パスワードのことは再考せねばなりませんね。

いろいろありがとうございました。決定までもう少し知らねばならないことがありそうです。
Posted by 謫仙 at 2013年05月29日 15:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック