2007年03月22日

最短手数

 先日の幽玄の間の対戦である。わたしの対局では最短手数を記録した。
 相手が定石を間違えたのだ。幽玄の間では20手以内は公式記録にはならない。これは21手で終局。公式の最短である。
 黒は謫仙

    07.3.21.2.jpg
     1図
 左上は一間高ガカリ桂馬バサミの定石が進行している。この定石は現在では黒が悪いとされているらしい。
 逆にわたしが白の時は、ほとんどの相手は黒7にいかず、E14にいく。
 このあと、普通は黒E17だが、シチョウは黒がいいので、2図の1と出た。
    07.3.21.3.jpg
     2図
 白さんには意外だったらしく長考したが、2と継いでしまった。そのため、図の進行になって、白さんの投了となった。白2はE17が定石。黒もF16。そして白5に出れば、図の進行はなくなる。
 わたしが白だと、3図のように、白12で下から打つ。
    07.3.21.4.jpg
     3図
黒は14にいくのが普通の定石だが、多くの人は13に継いでしまう。そして3図の進行になる。これは白がいいと思うがどうだろう。最近はこの図を期待することが多くなった。悪い傾向だ。
posted by たくせん(謫仙) at 07:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/36550325
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック