2013年08月20日

道策生家

四世本因坊道策の生家

   …… 写真が多く長くなるが、分けずに1回にする。……

 島根県大田(おおだ)市といえば、石見銀山遺跡のあるところとして有名であるが、囲碁ファンは、本因坊道策の生家があるところとして知る人ぞ知る。
 道策の生家は普通(?)の民家なので、もちろん非公開である。そこで生活をしている方がいるのだ。
 今回は、プロ棋士(小林千寿師)とそのアマの弟子たち一行19名で、しかも小林千寿師の個人的な伝もあり、事前に連絡をとって見学させていただいた。

 小さな橋を渡り、自動車がやっと通れるような細い道を歩いて行く。橋の脇には「津波云々」の注意書きがある。そのことから判るように海のすぐ近くだ。

chi11.jpg
 突き当たりが道策生家。

P8046177.JPG
 長屋門を構えていることから、かなりの家柄であることが判る(庄屋であった)。
 ただし長屋門という説明はないので、正しくはどうか。
   
P8046171.JPG
 門を内側から。

P8046175.JPG
 門を入るとまず庭に驚く。
 立派な家だが、現在の家は幕末のころに建て替えてあり、道策当時の家ではない。徳川末期(約160年前という説を見つけたが正しいか)なので、そっくりマネをするという考え方があったか。多少変更があるかも知れない。

P8046162.JPG
 玄関前。

P8046163.JPG
 頭上の木組みも立派なもの。

P8046165.JPG
 遺品。碁笥などかなり傷んでいる。

P8046168.JPG
 遺品の揃った一画の壁面。

P8046170.JPG
 出入口の石畳も風情がある。

P8046174.JPG
 折檻の井戸と伝わる。道策は七歳の時碁を習い始めた。道策の覚えが悪いとここで母に井戸水を浴びせられたとか。今ならまだ小学校入学前か。厳しい〜。

P8046176.JPG
 空のスズメバチの巣。巣は1年限り。前に巣があったと思える跡がいくつか。

       P8046179.JPG

 生家に向かって右手の、小高い尾根に墓所がある。
 墓所の近くに碑が並んでいる一画がある。

chi04.jpg
 けっこう広い。

yamazaki3nin.jpg
 段の上に三基。
 左は二世井上因碩。中央は道策。右は山ア善右衛門宗久。道策は宗久の孫になる。
 二世井上因碩(道砂因碩)は道策の弟である。坊門(本因坊家の弟子)だが、井上家の家督を継ぐ。(のちに家系の書き替えがあり、三世とされる)
 井上家では当主は代々因碩をなのる。後の人は、区別するために坊門の時の道砂を付けて道砂因碩といった。
 山ア家からは九世井上因碩(因砂因碩)(十世とされる)も出ている。

P8046181.JPG  800ピクセル
 碑が傷んできたので新しく作ったという。

P8046185.JPG
 古い碑も脇にある。因碩の碑は表面が剥がれている。

P8046186.JPG
 碑の並んだ一画の少し奥に、墓所がある。中に入ってはいけない。

P8046188.JPG
 墓所の辺りから海はすぐ下に見える。

P8046191.JPG
 出入り口の前で記念撮影。
 そして松江に向かった。
posted by たくせん(謫仙) at 08:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
囲碁ファンには、たまらない場所なのでしょうね。

素敵な庭、そして歴史のある建物・・・
出雲大社もいいのでしょうが、このお屋敷も素敵ですね。
海も日本海らしさを感じますね。
建物との素敵なマッチングのせいでしょうか・・・
Posted by オコジョ at 2013年08月23日 12:37
もし、住む人がいなくなれば、そのまま民家園として使えそうな、いつまでも残しておきたい家でした。
現在は普通の人が住む普通の家なので、ここに載せた写真も、タイトル戦があったときプロ棋士が訪問したとかで、一応写真として公開されているような写真ばかりです。
これだけのために出雲からわざわざ大田市まで行く。囲碁ファンというより囲碁プレーヤーたちでした。

Posted by 謫仙 at 2013年08月24日 08:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/372482851
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック