2013年09月08日

足立美術館2


 この美術館の始まりは、蒐集した横山大観の絵を納めるため。
 その後も蒐集を続けた。だから横山大観の絵が多く、その他にも優れた絵が多い。
 陶芸館には北大路魯山人室がある。本来なら、次の日(8/7)から魯山人展をするはずだったが、延期になっていた。
 庭園の続きである。

P8066320.JPG
 上下に窓枠を入れてみた。こんなふうにして、絵画館での絵のようになる。

P8066306.JPG
 渡り廊下、ここは屋外。

P8066307.JPG
 喫茶室大観から見た景色を横から。

P8066312.JPG

P8066313.JPG
 こうして距離を置くと、縦長の絵画のように見える。

P8066315.JPG
 男がコートの襟を立てているのに、女が裸とは腑に落ちないが。

P8066317.JPG
 白砂青松の図

P8066319.JPG
 水面も広く見える。 

P8066302.JPG
 細い滝があった。こういう景色が平凡に見えてしまう(^。^)。

P8066289.JPG
 はじめに見た茶室の前、一周(往復)して来た。この辺りは紅葉の写真が綺麗だ。

P8066337.JPG
 茶室への道。 

 売店があり、写真集「足立美術館の庭園」を買った。春夏秋冬の写真が入っている。
 魯山人室や別館を見て外に出る。
 シャトルバスはだいたい一時間に一本。16:49のシャトルバス最終便を待って並んでいると、千寿師父とC教授と旅行の案内をしてくれたAさんと美術館のBさん、4人が出てきたところだった。千寿師父が呼んでいる。これから映像の話を聞かないかと言う。Bさんは、シャトルバスばかりでなくイエローバスがあるのでそれで帰れます、と言う。
 駐車場の脇にある、殺風景な建物に案内された。そこで、北大路魯山人展などの画像DVDを作っている。ここでDVDを見ながら、いろいろな話を聞いた。

 千寿師父と別れ、AさんとC教授とわたしの3人でイエローバス(200円)に乗り、荒島駅まで行き、ここからC教授とふたりで松江まで戻った。
 わたしは松江にもう一泊する。
posted by たくせん(謫仙) at 16:34| Comment(4) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大哥、私も2011年の秋に老公の運転する車で日帰りで行きました。
スケール大きさにビックリしました。

私も写真集を一冊購入して帰ってきました。

庭園の遠くに滝が流れているのも見ましたか?
茶室は、別料金だったのと、入場者が多くて入り口に雑然と脱がれた靴の量に閉口して入るのを止めてしまいました。

大哥の写真の中に、私は始めて目にする写真がありました。新しい見所かな、それとも私たちが見落としたのかなと思いながら懐かしくお写真を拝見しました。
Posted by xihuan at 2013年09月12日 12:11
xihuan妹
紅葉の時期や、雪の時期にまた行ければいいのですけど、無理なので、写真集を買いました。
細くて高い滝がありましたが、山水画で遠くに滝がある景色と同じですね。別なところで竹林の向こうにも小さな滝がありました。
茶室はわたしも入りませんでした。時間もあまりなかったし。ちょっと高価い感じがしましたね。それでも紅葉の時期なら入ったかな。
ここ数年で新しく追加した部分はないと思います。そんな話はありませんでしたから。
師父は故郷の信州より、島根の方がなじみ深く知り合いも多いとおっしゃっていました。松江の観光大使なので、わたしたちもその名刺を見せると、各地の施設に割引で入ることができました。(^。^)
Posted by 謫仙 at 2013年09月12日 17:50
だいぶ前にテレビで紹介されていたのを診たことがありますが、手入れが大変と紹介されていましたが、一般的な概念の日本庭園とは別物のようですね。
兼六園は、感心しなかったのですが、ここは圧倒されそうです。
一度行ってみたいな・・・
でも、遠いなと・・・
Posted by オコジョ at 2013年09月14日 19:33
オコジョさん
常に100人近い植木職人が手入れをしているとか。
年間50万人の入場者は多いと思いますが、それで維持する経費がまかなえるのか。そんなことも考えてしまいます。
この庭園の特徴は全て絵画のように見える。つまり屋内から見るのであって、庭園内を歩き回ることはできないことでしょうか。
圧倒されますが、おそらく毎日となると疲れて飽きてしまいそう。
また機会があればと思っていますが、なかなか、山陰まで行くことはありませんねえ。
兼六園、わたしは悪くないと思いました。
Posted by 謫仙 at 2013年09月15日 06:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/374261954
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック