2013年10月01日

岡山城

岡山城(烏城)
 後楽園の岡山城側の出口から岡山城に向かう。

P8086512.JPG
 旭川の向こうに岡山城が見える。烏城といわれるように全体が黒っぽい。
 豊臣秀吉の家臣の宇喜多秀家が、慶長2年(1597)に完成した。宇喜多秀家は関ヶ原の戦いの敗戦で八丈島に流された。
 秀家に代わって城主となった小早川秀秋は、城を拡張している。
 小早川秀秋が亡くなり池田家が藩主となった。そのまま明治維新に至った。
 宇喜多秀家以前にも城があったが、位置は少しずれる。

P8086513.JPG
 月見橋を渡って振り返る。歩行者専用の橋である。
   
P8086515.JPG
 岡山城案内図、上が東。こうして方向を変えられると、地図が判りにくい。

P8086514.JPG
 わずかに見える門は廊下門。藩主が住まい(本丸本段)から表書院(本丸二の段、藩庁)へ渡るとき、門の二階を通った。

P8086520.JPG
 月見櫓、江戸時代初期の隅櫓。重要文化財。城内の古い建物で現存するのはこれだけ。
 三階が見晴らしよくできている。

P8086517.JPG
 一階は倉庫、二階から入る。 

P8086519.JPG
 いざというとき、ここに板を渡して、塀の上から鉄砲を打つ。

P8086522.JPG
 本丸二の段、表書院(藩庁)の区画が示されている。

P8086521.JPG
 表書院の一画の貧弱な池である。往時はそれなりの池であっただろう。

P8086523.JPG
 不明門(あかずのもん)といわれる。
 ここから藩主の居館であった本丸本段に行くのであるが、先にも書いたように、普通は廊下門を通ったため、ほとんど開けることはなかった。
 本段とは珍しい名だが、岡山城の本丸は藩主の居館・表書院・その下と三段になっている。
 この門も明治に取り壊されたが、昭和41年に鉄筋コンクリートで再建された。

P8086524.JPG
 ここを登ると天守閣前の本段である。
 ここには何人かのガイドがいて、頼めば案内してくれる。そのガイドの説明によると、天守閣の石垣が低いが、外側はかなり高く、それは堀割工事の時出た土地を運んで本段にした。だから本来の石垣がかなり埋まっているという。

P8086525-2.JPG
 旧天守閣の礎石。もちろん位置はここではない。

P8086526.JPG
 六十一雁木上門
 小さな門だが由緒深い。

P8086527.JPG
 瓦には桐の紋、これは当時の小早川秀秋が、豊臣秀吉の義子であったから。
桃も珍しい。

P8086529.JPG
 天守閣は鉄筋コンクリートで再建された。再建にあたって、手前に本来なかった出入り口を設けた。消防法の規定である。
 往時は、左の倉庫のような建物(塩藏)の出入り口を使った。
 あちこちの金色(金鯱)が見える。

P8086530.JPG
 中に入る。エレりベーターで上に行くが、その乗口に金鯱(きんのしゃちほこ)があった。手ぶれ写真で恥ずかしいが。

P8086533.JPG
 後楽園が見下ろせる。

okayamachizu2.jpg
 南北に流れる旭川が、城を囲むように曲がっている。築城時にこのように変えた。もとは真っ直ぐに天守閣の西側を流れていた。
 城郭群は南や西に広がり、北と東はこの川を守りとした。

P8086534.JPG
 ここで九十度曲がっている。

P8086538.JPG
 大手門のほうに行く。

P8086540.JPG
 大手門の跡。
 こちらが表側になり、天守閣は一番奥になる。

P8086542.JPG
 大手門を出て間もなく、林原美術館があり、刀剣を揃えている。あまり人気のない博物館であるが、この時は劇画家とタイアップして展示してあり、かなり入場者が増えたらしい。と言っても、この時は両手で数えられるほど。
 わたしには茶髪総髪の武士姿はあまりに違和感があって、居心地が悪かった。

P8086543.JPG
 旭川の西側、後楽の森。昼食の時間なので通り過ぎた。

 昼食後はオリエント美術館に入る。古代ガラス展が開かれていた。
 この後、岡山県博物館に行くつもりであったが、忘れてしまった。忘れたというより、あまりの暑さに気力がなくなってしまった。駅方向に足を向けようとして思い出したが、行く気がしない。
posted by たくせん(謫仙) at 09:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ピカピカの新しいお城ですね。
シャチホコは名古屋城だけかと思っていたので
びっくりしました!
そしてお城の出入り口は、同じような穴が空いたような感じになっているのは
消防法の規定だったんですね。納得です!
Posted by makiko at 2013年10月02日 15:23
makikoさん
わたしも名古屋城に行ったことがありますが、記憶になくって。
わたしは金鯱よりも桃に注目しました。門ばかりでなく天守閣にもあります。ただ目立たないので、案内人に指摘されるまで、気がつきませんでしたけど。
大阪城にもあると言っていました。
格式の高い城だったンですね。
天守閣は本来、見張台としての機能と倉庫の機能を持っていて、人の住むところではないので、出入り口は不便が常識。それでもどこかに出入り口があるわけで、松江城など、正面に作られていますね。
戦後の建物では博物館を兼ねたりして、人の出入りが多いので、本来の姿とは異なる可能性が大きいと思います。
Posted by 謫仙 at 2013年10月03日 07:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/376268927
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック