2013年10月31日

八ッ場ダム

 ひと月ほど前のことだが、草津温泉の帰りに吾妻川を見る機会があった。自動車なので、渓谷の道を歩いたわけではない。
 いっとき、かなり問題になった八ッ場ダムの上流である。

P9296690-1.JPG
 長野原駅近くに架かった新しい橋

P9296693.JPG
 橋の上から覗き込む。向こうにも新しい橋が架かっている。あの向こうにダムができる予定。
 下の田畑や道路は水の下になる。
 問題は水の量だ。見たところほとんど流れがない。車で下の道に下りたが、かなりの雨が降った数日後なのに、春の小川ほどにも流れていない。
 案内してくれた草津温泉に住む人が、「いつ見てもこんもの。ダムができて、50年か100年したら水が貯まるか」などと言う。
 最近また豪雨があったが、どのくらい水量が増えているだろうか。
 もっともむかし吾妻渓谷を歩いた人の話によると、大河ではないが、それなりの水量があったという。
 いま水がないのは上流で発電のために取り尽くされてしまったから。その水は送水管の中を流れて次の発電所に送られている。

P9296694-1.JPG
 この鉄道も水の下になる予定。右の方の橋の向こう側に新しい線路が作られている。工事中であった。

参考  http://yamba-net.org/problem/mokuteki/ryuryo/ 2吾妻川はなぜ流量が乏しいのか。
posted by たくせん(謫仙) at 16:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 山房筆記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
河原に下りるとそれほどでもなく、吾妻峡は素敵なゴルジュになっています。
でも、この位置の川としてはやはり少ないですね。
もっとも、これは吾妻川に限ったことでなく、山間部の川はほとんど同じです。
長野県でも千曲川、犀川、木曽川、天竜川の傾斜のあるところはみんな同様です。
水はみんな、山の中のトンネルを流れています。
発電所とし発電所の間にダムを作るとこうなるでしょうね。

でも、利根川の源流の流れはこんなもの、それでも大きなダムがあります。流域は広いですから、わりと早くたまる様な気もします。
でも、ダムを作る意味があるのかは別ですが・・・

ここまですすんで、人を移住させて中止も無く仕方ないとは思いますが、建築業者のためだけのような気も・・・
Posted by オコジョ at 2013年11月05日 13:02
オコジョさん
けっこう電力に利用されているのですね。
気になったのはこの電力用のダムなどが古いこと。仮に寿命が来ているなら、間もなく川に戻すことになります。そうなると八ッ場ダムが活きます。
まあ、それよりも発電ダムを改修すると思いますが。
実際八ッ場ダムが必要なのかどうかは判らないにしても、必要という説に説得力は感じませんね。

飛躍しますが、
今の日本が最初にやらねばならないのは原発事故の処理。これが済まない限り将来の不安は払拭できません。安倍さん。オリンピックに浮かれているときではありませんぞ。
Posted by 謫仙 at 2013年11月06日 08:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/379035204
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック