2014年01月19日

大阪空中庭園

大阪空中庭園 2013年 夏

 大阪には空中庭園があるという。
 「空中庭園」には言葉の魔力を感じる。
 ところは大阪駅の近く、新梅田シティの上である。
 できたのは一九九三年七月。
 行かねばなるまい。

P8126658.JPG
 高いツインビルの屋上に大きな箱を乗せたような形。

P8126659.JPG
 中央に大きな穴がある。二本の斜めの棒はエスカレーター。
 これで庭園に上がるときは、すこし恐怖を感じる。両脇が透けて見えるので、思わず手すりに掴まる力が強くなる。

P8126668.JPG
 上から見たエスカレーター。
 上がってみれば、樹もない草もない。花もない水もない。大きな展望台であった。
 まず目に入ったのが、世界の塔や高層建築物の写真。60枚のパネル。圧巻である。これを見終わってから外に目が行く。

P8126660.JPG
 庭園からの展望は素晴らしい。大阪を一望できると言いたいが、いくらなんでもそれは無理。
 南の方向。写真のさらに左のほうが大阪駅。

P8126662.JPG
 北西 新淀川方向

P8126664.JPG
 空中庭園大明神
 恋愛成就というが、お参りする気にはならなかった。(^。^))

P8126665.JPG
 この展望台(40階)はさらに上に行け、屋上に出ることができる。風が吹き抜ける。その一画にある見慣れない錠の列。
 愛を誓った男女が誓いの鍵をかける。残すは錠のみ。情を置いていくのか。
 この風習を初めて見たのは中国の黄山だった。危険箇所の柵にびっしりと架けてある。二度目に黄山に行ったときは、すべて取り払われていた。それ以来何度か見たが、日本で見たのは初めて。それも進化したようで錠の形がハート型。
 夜にひとりで行くと居場所がなさそう。

 展望台フロアにはカフェがある。コーヒー以外もいろいろ。値段は下界と変わらず。
 エスカレーターで下りた39階には中華レストランがあるが、入らなかったので様子は判らない。
 展望台で夕陽を見るのはさぞかし…と思うが、その時間までいる気は無なかった。
posted by たくせん(謫仙) at 07:47| Comment(4) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
スカイビルは、駅から少し外れたところにあるので滅多に行きません。映画館もなくなるらしいので、さらに行く機会が減りそうです。
高層階の中華は、たいそう高いので昔上司におごってもらった時にしか行っていません(^^;
味は値段相応に良かったです。ランチの値段なら出せそうですが、上品すぎるのは性に合いません。
Posted by 八雲慶次郎 at 2014年01月20日 20:51
八雲さん
ここは駅の裏側というイメージですね。駅の反対側につまり表側にあらゆるものが有るので、生活空間としては行きにくいかなと思います。
あの中華レストラン、入りにくい感じがしました。財布と相談するととても許して貰えそうにない(^。^)。
それなりに美味しいのなら機会があれば…と思います。でもねえ、大阪駅から天満の方へ向かうと、安くて美味しい店がいっぱい。どうしてもそちらへ行きますよね。
あの関西幇会で行った店だって美味しかったし。この高層の店は、わたしには財布の事を心配しながらなので、とても美味しくは頂けそうにありません。場所代が…、なのでカフェの値段が下界なみなのでびっくりしました。行ってよかったエリアです。
Posted by 謫仙 at 2014年01月21日 20:08
ご挨拶おくれましたが今年もよろしくお願いします♪

大阪にこういう所があるのですか、知りませんでした。

こんな近代的な建物の中に恋愛成就の神様を祭ってあるというのも〜ま、若者をターゲットにしてデートスポットとして集客させているのでしょうけれどね〜チョッと滑稽な気がしますね(^^)

インフルエンザもはやりだしてきましたし体調に気をつけながら頑張らねばいけませんね♪
Posted by 千春 at 2014年01月29日 11:21
千春さん
わたしもまさかと驚きましたよ。
まあ、ここに来る人は、神社は遊びだと理解している人ばかりと思いますので、成り立つと思います。
集客の方法としては上手いやり方ではないか。

惚れた晴れたのおふたりばかりとてもひとりじゃ行きにくい(^。^))。

なんてことは昼間なのでありませんでした。
先日は医者に花粉が飛び始めましたと言われました。
Posted by 謫仙 at 2014年01月30日 07:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック