2014年05月20日

旧古河庭園 3

日本庭園2

chizufurukawa.jpg

 一度上(北)の西洋庭園に戻り、バラ園の方から日本庭園に下る。

P5047015.JPG
 黒ボク石積
 富士山の溶岩で軽くて加工がしやすい。山の雰囲気を出す。このような石垣状のものは珍しいという。「ボク」はどんな字だろう。
 西洋庭園と日本庭園の境になる。

P5047016.JPG
 兜門、屋根のこちら側に唐破風のような切り込みがある。この外側は馬車道。

P5047018.JPG
 この形は初めて見た。
 ここから馬車道を通って裏門へ行く。

P5047020.JPG
 これが一番の大木かな、あまり大木のない庭園だった。
 梅林では梅の実がなっていた。

P5047023.JPG
十五層石塔

P5047026.JPG
裏門(染井門)であるが、通常は閉鎖。

P5047028.JPG
 池からわずかに流れ出ている。

P5047029.JPG
 この雪見型灯籠が、池の主のように目立つ。

P5047031.JPG
 奥の院型灯籠、春日大社の奥の院にあるものを本家として発達した形。
 遠くて判らなかったが、独特の彫刻があるらしい。

 池を一周し大滝の前まで来た。
 石橋を渡って島に行く。

P5047040.JPG

P5047041.JPG
 雪見型灯籠を島の側から。

P5047045.JPG
 雪見型灯籠の後ろは枯山水。その後ろの高見は見晴台になっている。
 そこの十五層石塔は前に見たものを反対側から。

P5047048.JPG
見晴台といっても形だけ。庭園の見立てに近い。

P5047052.JPG
 濡鷺型灯籠
 笠が厚くそりがない。鷺の絵があるらしいがはっきりしない。

P5047056.JPG
 渓谷を模写したという。 
 
 多くの橋が石橋であり、あちこちに大きな石が使われている。石灯籠も大きい。
 道も飛び石が多い。大石の目立つ庭園であった。
posted by たくせん(謫仙) at 08:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 探花・探鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この公園は知りませんでした。
全体的には今日のような繊細さはいですが、粗削りなところも悪くないですね。

東京はこうした素敵な公園が多いですね。
一つの世界を作りだす。
自然とはなりえませんが、それらしく・・・
日本人らしいのかもしれません。
西洋の公演は、人間な゛思いのままに造形鮨多様な対象で、人口的なのですが・・・
安らぐという考え方が、西洋と、日本では違うのかもしれません。
Posted by オコジョ at 2014年05月29日 21:28
オコジョさん
庭園と言うのはどこでも支配者階級のもの。だから庶民とは視点が違うでしょう。
今では庶民もそれを鑑賞できる。現代では、庶民の視線にあわせて、改良しているのかも知れません。
西洋庭園は、いかにも人が造った整えたのイメージが強すぎます。
日本庭園は、自然のように見せかけて、その裏では西洋庭園と同じように手をかけている。
わたしは日本庭園の方が安らぎますが、それも本物(西洋)の西洋庭園を見ていないせいかもしれないので、本当のところは何ともいえません。
ただ当時の実力者の好みを表していると思えますね。
  曖昧な表現ばかりですが…。
Posted by 謫仙 at 2014年05月31日 07:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/397442089
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック