2014年06月28日

翠玉白菜

翠玉白菜
 2014年6月24日から2014年9月15日まで東京博物館で、
   特別展「台北 國立故宮博物院−神品至宝−」
が開かれる。
 國立故宮博物院については、たくせんの中国世界−中国文物図説 国立故宮博物院手冊 で紹介した。これらの至宝がどうして台北に、ということも書いたので、ここでは省く。

 わたしが最も注目しているのは「翠玉白菜」である。
   11.10kokyu3.jpg

  わたしは1980年代に7回ほど見ているが、何度見ても見飽きなかった。
 今回かなり混むことが予想されるので、見に行けるかどうか。今では台北の故宮博物院でもかなり混んでいて、見るのが大変だという。1980年代は空いていてじっくり見ることができた。そのとき何度も見ることができたわたしは幸運かも知れない。

 さて、今回フェイスブックで奇妙な記事を見た。
 今回の展覧会のポスターでは「國立」の文字が抜けていた。東京博物館のホームページでは「台北 國立故宮博物院」といっているのでポスターだけである。
 そのため、國立故宮博物院から、抗議の声が上がってきたという。
 昨日上野の駅でポスターを見たら、「國立」の文字を貼り付けて訂正してあった。わたしはフェイスブックの記事を読むまで「國立」が抜けているのに気がつかなかった。抗議の内容は「國立故宮博物院」は固有名詞なので省くな、ということ。
 わたしの感覚では(感覚だけですよ)どうでもいいことなので、だから気がつかなかったのだ。もし、同じような博物院が市立でもあった場合、区別するために「国立」は省けない。今回は同じような博物館が北京にもあるので、区別して「台北」は省けない。
 上野の博物館は東京博物館といわれるが、正式名は「東京国立博物館」だった。この文を書くに当たって、正式名称に「国立」が入っているかどうか確認したほど。
 どうでもいいようだが、今回の展覧会の正式名称は「台北 國立故宮博物院−神品至宝−」 なので、ポスターでもつけるのは当然だ。名称決定でも「國立故宮博物院」は固有名詞ということは確認したはず。当然訂正せねばならないだろう。こういううっかりミスは困りもの。

 前に紹介した「月(ゆえ)と日本語」に、矢澤真人という国語学者が、外国人は「我が国は…」とよく言うとか。日本人ではそういうとき「日本は…」と言う。つまり国に対する表現の感覚が違う。それがこんなことにも表れているのかと思った。
posted by たくせん(謫仙) at 17:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 山房筆記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
好久没見了!

翠玉白菜、私がはじめて見た時に感じたのは、想像していた物よりはるかに小さいということです。でもとても印象的でした。そして展示の場所はとても混んでいてビックリしました。
「肉型石」「棗」「象牙細工」それらの全ての細工がとても素晴らしくて、職人さんの技術が素晴らしいなぁと思いました。

大哥、愚妹(此処ではこう呼ばせていただこう)からのお知らせです。
OCNのブログサービスがこの秋に終了するとの事で、私は有料ブログを解約しました。なので今までメインにしていたブログを終了してしまいました。
一つ残ったのは「碧緑香華」です。これもこの秋にお引越しが出なければ・・・です(~_~;)汗
最近ではほとんど更新していませんでした(フェイスブック)で遊んでいます。
これからも宜しくお願いいたします。 愚妹
Posted by xihuan at 2014年06月29日 08:08
xihuan妹
台北故宮博物院の至宝群は何度見ても見飽きませんね。何代もかかって作られたかと思えるほど手が込んでいたり、自然の配合を信じられないほどうまく利用したり。
それを見ていたときは、その前はわたしひとりの時が多くありました。個人やグループが通り過ぎるとまたわたしひとり。日本人の団体が通ると、そのガイドの説明を聞いたり。
いつもそのように空いていました。
これを作った職人はどのように遇されたのであろうか。なんてことも考えていました。
こう書いてきて、読み直して「国立」を抜いていることに気づく。人のことはいえません。

OCNのブログサービスがこの秋に終了ですか。でもこれを機会に3ブログを合併してもいいのではありませんか。
わたしも今では3ブログ(seesaaの無料ブログ)に分けなくてもよかったのではないか、と思うときがあります。
フェイスブックは、わたしも本名で加入しています。話題は碁が中心なので碁の関係の人ばかり。あまり熱心ではありませんけどね。理由は起承転結のある文が書きにくいことと、読む人が限られること。だからブログを併用しています。
Posted by 謫仙 at 2014年06月29日 09:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/400495716
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック