2015年04月04日

六義園 2

 六義園は柳沢吉保が1695年(元禄8年)に造営をはじめ元禄15年に完成した。7代目保申(やすのぶ)の時代に明治維新となり、新政府に上地されたとある。
 1878年(明治11年)岩崎弥太郎が、近隣の藤堂家・前田家・安藤家の屋敷とともに手に入れて別邸を造った。このときの広さが396000平方メートルである。
rikugienchizu.jpg
 池のまわりを反時計回りに歩くと最初に目につくのは田鶴橋。

023.JPG
 田鶴橋は通行禁止、中の島へは行けない。

024.JPG
 巨大な石灯籠が目立つ。

026.JPG
 渡月橋
 二つの自然石を繋いだような石橋。車椅子では通行できない。

028.JPG
 反対側から見る。

036.JPG
 渡月橋を渡って池沿いに左へ行く。田鶴橋が自然に溶け込んでいる。

037.JPG
 振り返る。この左に渡月橋がある。

039.JPG
 池の水はかなり濁っている。

040.JPG
 金黒羽白(キンクロハジロ)であろう。冬鳥のはずだが。

029.JPG
 六義園は躑躅の名所として知られていた。

030.JPG

033.JPG

035.JPG

042.JPG 
 藤代峠(ふじしろとうげ)はもちろん築山。
 ちょうど躑躅の季節であった。
 ここでは躑躅は単独ではなく、他の低木と一緒で、自然な感じを出している。

045.JPG
 山吹
 太田道灌の故事で知られる。

048.JPG
 吹上茶屋を過ぎたあたり。

050.JPG
 桜が咲いていた。山桜であろうか。

051.JPG

052.JPG
 中之島の先端。池の中の岩が蓬莱島である。こちらからは形が良くないが。
posted by たくせん(謫仙) at 09:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 探花・探鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ここは9年ほど前に一度訪れました。
都会の喧騒を忘れさせる落ち着いた雰囲気がありますね。
柳沢吉保の設計だそうですが、見事な配置ですね。
水道橋の後楽園とともに素敵なまとまりを感じます。

岩崎家は凄いですね。
湯島近くの旧岩崎邸庭園、清澄庭園も三菱の関係でしたね。
土佐の郷士から身を起して、一代で大富豪になった明治の紀伊國屋文左衛門かも・・・
もっとも文左衛門は二代目で没落したようですが・・・

キンクロハジロは冬鳥ですが。割とのんびりと北に帰りますね。
こちらでも今頃まで見かけることがあります。

Posted by オコジョ at 2015年04月08日 20:02
オコジョさん
岩崎弥太郎はほとんど同じ頃、旧岩崎邸庭園や清澄庭園も造っているのがすごい。
しかもこの庭園もその広さが、今の4倍以上とあっては、絶句してしまいそう。
いろいろ批判もありますが、江戸時代の遺産を守ったことは高く評価できますね。
キンクロハジロは近所でも見ることがあって、居着いてしまったのかと思うことがあります。
ようやく、写真の整理ができましたが、忘れていることも多く、この写真はどこだっけ。まあ順に撮っているので、なんとかなりましたけど。
平地にこれだけの起伏をつけて、力のある人はすごいと、今更ながら感心してしまいます。
Posted by 謫仙 at 2015年04月09日 07:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/416752385
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック