2015年04月18日

六義園 6

 多くは岩崎弥太郎の時代に整えられたようだが、基本的なところは柳沢吉保の造築を生かしているという。
 岩崎弥太郎は各地の石を集め、樹木を集めた。広大な規模で、泉石樹林が自然の風致を示す庭園を好んだ。
rikugienchizu.jpg

132.JPG
 茶屋から東へ行くと、脇にこの階段がある。山陰橋へ通じている。

131.JPG
 山道の趣。

133.JPG
 引き返し藤代峠に登る。

140.JPG

137.JPG
 藤代峠からの眺望は園内一であろう。

149.JPG
 戻り道の途中から、藤代峠方向。
 渡月橋を渡って内庭大門まで戻る。

154.JPG
 正門を入って左手にあるこの門をくぐり、茶室のある一画へ。(内側から)

159.JPG
 シャガの咲く道。

153.JPG
 著莪(シャガ)は小さいが菖蒲に似ている。

158.JPG

156.JPG
譲葉(ゆずりは)。正月の飾りに使われた記憶がある。

160.JPG

162.JPG
 紅白の馬酔木

166.JPG
 集会場 心泉亭
 ふつうに集会場として借りることができる。宴会はできない。
 近くに茶室宣春亭がある。写真を整理していて宣春亭の写真がないのに気づいた。

168-078.JPG
 心泉亭を池側から。

    完
posted by たくせん(謫仙) at 07:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 探花・探鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうこんなところだったと懐かしく拝見しました。
時が経つと行ったことは覚えていても細かいことは忘れてしまっていますね。
同じ日にいった後楽園と記憶がまじりあっているようです。一日に幾つも庭園を見るのは良くないのかもしれませんね。

都会の中の素敵なオアシス、機会があればまた訪れてみたいところです。
Posted by オコジョ at 2015年04月19日 09:48
オコジョさん
写真を見て鮮やかに思い出すこともありますが、「これ何だったかな」と思い出せない量が増えてきました。
入り口近くにあった説明を撮っておいたのが役に立ちました。さすがにその説明を読むといろいろなことを思い出します。
六義園はかなり前に行ったことがありましたが、ほとんど覚えていなくて、まるで初めて行ったような気分でした。せっかくの場所なのに、もったいない話ですね。
こんどは秋の紅葉に時期に行ってみたいと思います。
Posted by 謫仙 at 2015年04月20日 21:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック