2015年08月05日

ホームページビルダー19

 ホームページビルダー19(HPB19)を買った。
 前のビルダーは6だった。搭載していたXP機が使いにくくなり、次は別のやり方を考えていて、タグでの作成に挑んだが、覚えるまで時間がかかりそう。
 同時に勤務先のHPも作らなければならなくなった。幸いにも勤務先のHPもほとんど動きのないHPであり、CSSを作るほどのものではない。それで使い慣れたHPBとなったのだ。時間を買ったに等しい。
 そこでビルダー19をWin7機に搭載した。
 多少の戸惑いはあるものの、使い勝手はビルダー6とあまり変わらない。
 わたしのHPではCSSを作成しても、使うのは一回きり、あまり意味がなさそう。
 巷では、CSSを勧めていて、表で体裁を整えてはいけないという。そういう記事もそれなりに表を使用していた。表が悪いわけではないらしい。
 一説によれば、表を使うとブラウザーによっては形が崩れることがあるとか。
 しかし、わたしは経験したことがない。どこかのブラウザーでは崩れているのかな。
 以前、ワープロで文章を作ると、インターネットでは形が崩れるという話があったが、これも経験していない。
 文字に赤い色をつけたのが、あるブラウザーでは黒くなってしまったことがある。おそらくブラウザーに色の対応ができていなかったせいであろう。後にできるようになったから。

 ブログを作るとき、何日にもわたって、CSSをいじったことがある。
 一番苦労したのが、文字の大きさと行の幅である。HPでは縦書きかと思えるほど行間がない。それがブログでは自由にできた。
 HPは行間が悩みの種だった。それがHPB19では行間を自由にできるではないか。かなり見やすくなった。もっとも今では中心はブログで、わたしのHPはその案内、目次に過ぎない。そもそも今では100%の大きさという概念がないに等しい。
 わたしのHPで唯一CSSの可能性のあるのが、「歌声のない歌」だ。いつか作ってみたいと思う。しかし、専門的な知識も必要になりそう。専門書がなくては無理か。とにかく、メリットが感じられない。その前にHTML文を習得せねばならない。いつかいつかで終わりそう。
 なお、わたしの理想のHPデザインはGoogleのデザインである。あの極端に無駄を省いた簡潔さ。脱帽である。

 HPB19は全体的にどこか品のないソフトだ。「初心者のために…」を歌いながら、入り口がわかりにくい。入ってしまえば、よくできていると思うのだが、それだけに、入り口で迷っているうちに売店に誘うような構造に、品がないと思ってしまう。
 たとえば、ユーザー登録をクリックすると、出てくる画面は自社のCM、そこからまたユーザー登録を探さねばならない。
 ジャストシステムという会社の要素を除いて、HPの作成に徹底すれば、優れたソフトと思うが、ネットを見ていると、実際はかなり躓いているらしい。
 ソフトとしてはかなり優秀だと思うので、余計なことで躓く人がいるのは残念。
参考にしたHP  ホームページビルダー19 使い方
 このソフトの入り口で躓かないように丁寧に説明している。
posted by たくせん(謫仙) at 09:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 山房筆記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/423609187
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック