2015年12月15日

青天

青天 包判官事件簿
井上祐美子   中央公論社   2014.10

     houseiten.jpg
 宋の時代、包青天と言われた判官がいた。名は包拯(ほうしょう・ほうじょう)字は希仁。28歳にして科挙に合格し、地方の知(知事)となり、後に都開封の東半分開封県の知となる。
 清廉潔白、裁きは公平。晴れ渡った空のごとし、人よんで包青天。北宋第4代皇帝・仁宗に仕えた実在の政治家である。
 包希仁の話は、日本では大岡政談のモデルといわれている。
 中国では何度も小説やドラマになっているらしいが、あいにくわたしは見たことがなかった。この井上祐美子の小説で初めて接することになる。(もしかすると二回目?)

 五編の連作短編集である。
 登場人物は包希仁のほか、「孫懐徳」という年配の下役人、転落する運命から助けられた「楊宗之」という書生で、三人を中心にしたミステリー。
 主人公の希仁は若い(?)ながら、達観していて、富貴を求めず、いつの間にか弱き人々を助けているが、話が終わってみると、けっこう推理力や洞察力があり、細かく予測していたことが判る。
 それでいながら、日常はけっこうとぼけている。机の上のものを落としたり、墨で服を汚したり、知でありながら書生の格好をしていたり。そのギャップが親しめる。
 さて、これらの話、著者の全くの創作だろうか、伝わっている講談や劇の小説化だろうか、知りたいところだ。続きが読みたいが書いてくれるかな。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 南唐の皇帝で後主李Uというのが地の文に出てくる。しかし李Uは王であり皇帝にはなっていない。(初代が皇帝、二代目は皇帝として即位し後に王となる、三代目李Uは王として即位した)
 いろいろと登場人物に架空の人物が出てくるとはいえ、地の文で王を皇帝というのは、小説でも許されないのではないか。
 三田村鳶魚なら、そんなことも判らないのか。と言うところ。
 金庸なら、登場人物の設定はけっこう変えているが(たとえば大理の皇統)、地の文を変えたところは気がつかなかった。
posted by たくせん(謫仙) at 07:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 書庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/431191228
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック