2016年02月28日

湯ノ湖から小田代ヶ原

奥日光3 湯ノ湖から小田代ヶ原
転載にあたり大幅に加筆し写真も入れ替えた。
2007.5.14

 北千住発6時30分の快速に乗る。もう何十年も変わらない定時の快速である。
   浅草発6:20  東武日光着8:24
 日光の駅から湯元行きのバスに乗るが、途中の中禅寺湖で下りた。実は酔ってしまった。
 1時間ほど休んで、次のバスで湯元に行く。11時ごろの到着となった。

07.5.1420015.jpg
 目の前に日光白根山近辺の山々が白い。ただし湯本からは白根山は見えない。

07.5.1420019.jpg
 湯ノ湖 多くの釣り客がボートで出ている。正面は男体山。
 この湖の西側の道を歩いて湯滝に向かう。
途中細い脇道を上がると、白黒の大型の鳥が飛び立った。カササギ(鵲)のようだ。日光に鵲がいるのか。一瞬にして見えなくなった。
 上には鹿よけの金網があった。どこまで囲っているのだろう。今回は鹿は一度も見なかった。

07.5.1420035.jpg
 湯滝、平凡ながらこの写真を載せないわけにはいかない(^_^)。
 湯ノ湖から落下した水は中禅寺湖へ向かう。この湯川沿いがハイキングコースだ。

07.5.1420030.jpg
 トキソウ(鴇草)
 湯滝の茶屋で鮎の塩焼きを食べる。1尾500円。その時テーブルの上で咲いていた。
辞典では、
 ラン科の多年草。山中の湿原に自生。茎は高さ約20センチメートルで、中央付近に長楕円形の葉が一個つく。六、七月、茎頂に淡紅色の不整形花を単生する。花の色が鴇の色に似るのでこの名がある。
 葉が一枚とは。
 戦場ヶ原に出たところで、小田代ヶ原に向かう。また緑の少ない世界だ。

07.5.1420047.jpg
 小田代ヶ原を囲む鹿よけの柵。鹿の食害がひどく、かなり大きく囲い込んでいる。

07.5.1420050.jpg
 小田代ヶ原はまだ早春。雪こそないが、緑は少ない。藪はホサキシモツケ(穂咲下野)の群生。人の手は入っていないはず。土壌の違いで植生が変わっているのかな。

07.5.1420057.jpg
 小田代ヶ原の中心地。管理員の悩みの種の白樺。昔この木を撮って賞を取った写真があり、その真似のためにカメラマンが押しかける。マナーが悪く湿原を荒らす。いまわたしの近くにいる人は、親子連れ二組5人だけ。夏になるとカメラマンが犇めいた。(追記 現在でもそうなのかな)

07.5.1420061.jpg


07.5.1420063.jpg

05-5-2-9.jpg
 大真名子山(おおまなこさん、2379)

 小田代ヶ原を一周してまた戦場ヶ原に戻った。

07.5.1420073.jpg
 落葉松の芽吹き。かなり伸びている。
 ときどき目の前を横切るのはシジュウカラ(四十雀)のようだ。鶯の声が絶えず聞こえる。湯ノ湖で最初に聞いた声は ホーホケキ、最後の「ョ」がない不思議な鳴き方だった(^。^)。
posted by たくせん(謫仙) at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山・ハイキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/434372927
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック