2016年03月20日

天鬼越

天鬼越(あまぎごえ)  蓮丈那智フィールドファイルX
北森 鴻  浅野里沙子   新潮社   2014.12
     16.1.23-1.jpg
 短編集である。2010年に亡くなった北森鴻の、いまだ単行本化されていなかった鬼無里・奇偶論の2編に加え、プロットのみ残されていた表題作天鬼越を浅野里沙子が小説化し、さらに浅野里沙子が模倣した3編を加えた。もちろん蓮丈那智シリーズである。
 主人公の那智と記述役の三國が、ホームズとワトソンのようにバランスがとれていておもしろい。
 ナマハゲなどの古い祭祀や秘祭の考察と、それに絡んだ事件への考察の鋭さ。何気ない行動にも意味があって、それを元に推理する。
 銭形平次はなにゆえ神田明神下に居住しなければならなかったか。
 という学生への課題を残して鬼無里を研究に行くが、これも事件の解決のヒントになる。
 ふっと、三田村鳶魚(みたむら えんぎょ)の大衆文藝評判記を思い出す。
神田明神下には棟割り長屋はない。

 民俗学とは
 真贋など、どうでもいい。なぜ偽書が作られるのか、重要なのはそれだけだ。
 という基本姿勢は変わっていない。

 蛇足ながら、蓮丈那智は東敬大学に研究室を持つ。そして怜悧な頭脳と美貌といくら飲んでも酔わない体の持ち主。民俗学の世界では異端者として扱われている。
posted by たくせん(謫仙) at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 書庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/435316108
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック