2017年05月07日

へび道と谷中銀座

へび道と谷中銀座

 地下鉄千代田線の千駄木駅の近く、千代田線の東側にほぼ並行して、へび道と呼ばれる細い道がある。なんとか車一台が通れる程度の道幅である。
 根津神社に躑躅を見に行き、その帰りに日暮里まで散歩した。

2017.5.5.3.jpg
 根津神社の北口から東へ向かって不忍通りを横切り、200メートルほどで、へび道に至る。ただし直線ではない。

P4198320.JPG
 この角に来た。振り返ったところ。
 ここから蛇のようにくねくね曲がった道が続く。

P4198322.JPG
 道は曲がって見通しはきかない。住宅街なので(といっても、しゃれた店などあります)、写真はこの2コマだけにする。
 この道は藍染川という川であった。大正10年(1921)に暗渠にされた。今でも下には流れているらしい。
 へび道が終わって、その延長の広い道をさらに進むと、急に外国人(と思える人)が多くなった。

P4198323.JPG
 まもなく、谷中銀座の道にぶつかる。

P4198324.JPG
 この狭く短い160メートルほどの商店街が、なんと国際色の豊かな街であることよ。多くの人が食べ物を持って歩きながら食べている。まるでお祭りのようで、不作法には見えないのだ。

P4198325.JPG
 「夕焼けだんだん」と言われる階段。
 この階段を上れば、まもなく日暮里の駅である。

P4198326.JPG
 谷中銀座を見下ろす。ここから日暮里駅まで300メートルもない。
posted by たくせん(謫仙) at 09:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 山房筆記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
息子が一時、日暮里にいたこともあって、谷中を歩いたことがありました。
「谷中銀座」「夕焼けだんだん」懐かしく拝見しました。
時間のせいか、谷中銀座ほとんど人がいませんでしたが・・・
へび道、地図を見て納得・・・
見事にうねっていますね。
Posted by オコジョ at 2017年05月07日 19:38
タモリさんでなくとも、地図を見れば、元川筋だと思える道ですね、へび道は。
不忍池に流れていたといいますけど、今でもそこまで流れているのかな。
谷中銀座は、白人系ばかりで無く、アフリカ・中東・東南アジア系らしい人も多く、びっくりしました。浅草より下町っぽい感じがしましたね。
Posted by 謫仙 at 2017年05月08日 06:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449658481
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック