2017年10月25日

長谷寺(鎌倉)

海光山慈照院長谷寺(かいこうざんじしょういんはせでら)

 創建は鎌倉時代より古く、奈良時代といわれる。しかし、梵鐘など鎌倉時代の銘が多い。
 太平洋戦争終戦直後に、浄土宗から独立し単立となった。
 鎌倉の地は狭く、先に紹介した建長寺や円覚寺などは、谷戸(やと)といわれる、小さな谷に建立されている。そのため、門から奥まで、谷に沿って曲がっている。平地の寺院が幾何学的に配置されているのとは異なる。
 長谷寺は、門を入ると下境内で、庭園などがある。主要な堂宇は観音山の中腹の上境内にある。
 その堂宇は関東大震災で倒壊し、その後に再建された。だからどの堂も見るからに新しい。

2017.10.22.1.jpg  案内図

IMG_1349.JPG
 長谷の駅から近い。門前の松の剪定中であった。赤い提灯には長谷寺とある。
 左の方から入る。

IMG_1351.JPG

IMG_1358.JPG
 妙智池 入ると正面にこの池がある。

IMG_1363.JPG
 この階段を使わず、左の方から坂道を登ってこの上にいく。

IMG_1367.JPG
 その途中にひっそりと良縁地蔵。

IMG_1369.JPG
 その脇にひっそりと灯籠。

IMG_1371.JPG
 地蔵堂は新しい。見には行かなかった。
 さらにひと登りすると、上の境内に出る。

IMG_1374.JPG
 鐘楼
 1264年鋳造の鐘は宝物館にて展示。鐘楼の鐘は昭和59年に鋳造。

IMG_1373.JPG
 阿弥陀堂
 はじめにも書いたように堂宇は新しい。

IMG_1379.JPG
 阿弥陀如来座像 伝承では鎌倉時代に造立された。他寺にあったものを移したという。

IMG_1372.JPG
 観音堂

IMG_1389.JPG
 観音堂内には本尊の十一面観世音菩薩がある。このため、通称長谷観音といわれる。
 奈良時代の作と伝わるが、未詳である。室町時代までは遡れるようだ。木造では日本最大級という。

IMG_1382.JPG
 見晴台。よく紹介されている場所。鎌倉一望とは言いがたいが、名所だ。

 さらに眺望散策路がある。あまり行く人はいない。山登りになる。

IMG_1386.JPG
 こんな整備された道だ。紫陽花が多い。紫陽花の咲く頃は、入り口で待ち行列になる。

IMG_1385.JPG
 当たり前だが、見晴台よりよく見える。由比ヶ浜の海岸線が一望で、三浦半島も見える。

IMG_1387.JPG
 転輪蔵 経蔵である。一切経が収められていて、観音御縁日などには、回すことが出来る。

 下の境内に下りて案内図の右に方へ行く。

IMG_1391.JPG
 弁天堂

IMG_1392.JPG
 弁財天の洞窟がある。窟内壁面には弁財天とその眷属である十六童子が彫られている。

IMG_1394.JPG
 出世大黒天 有名らしいが…

IMG_1396.JPG
 和み地蔵 誰もがケータイを向ける。どんな話をしているのか。

IMG_1397.JPG
 放生池 案内図の右側の池である。
posted by たくせん(謫仙) at 07:36| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。