2017年11月01日

鎌倉大仏

大異山高徳院清浄泉寺(だいいざんこうとくいんしょうじょうせんじ)

 大仏の製作は、1252年に始まったという。何年かかったか。
 当初は大仏殿があった。大風と地震と津波で何度か倒壊している。1486年には露座であったことが判っている。というように、初期のいきさつはかなり曖昧である。
 関東大震災で基壇が1メートルも沈下した。近年基壇を免震構造にして、大仏も補強している。

IMG_1398.JPG
 こうして観光客が多い。

IMG_1400.JPG
 仁王門には大異山とある。地図には高徳院、清浄泉寺の名は知らなかった。 

IMG_1402.JPG
 仁王像、向かって左側。

IMG_1404.JPG
 阿弥陀如来座像(国宝)

IMG_1407.JPG
 像高約11.39メートル(台座を含め高さ13.35メートル)

IMG_1417.JPG
 横から見ると、頭部がかなり前に出て、少し下に向いている事が判る。
 また、数本の横線が見える。重ねていったのか。

IMG_1418.JPG
 大仏の前方。

IMG_1425.JPG
 胎内に入ることができる。そのための窓か。わたしは胎内には入らなかった。

IMG_1426.JPG


IMG_1428.JPG

IMG_1424.JPG
 観月堂
 大仏の後ろの塀の外側にある。この堂は2012年に寄贈され移築された。

IMG_1422.JPG
 与謝野晶子歌碑
歌碑も大仏の後ろの塀の外側にある。ほとんど人がいない。あれほどの人数が大仏を見ているのに。

IMG_1423.JPG
 与謝野晶子歌碑は見にくいので、その説明。

 かまくらや みほとけなれど 釈迦牟尼は 美男におはす 夏木立かな

 なお、「釈迦牟尼」とあるが、上にも書いたように鎌倉大仏は「阿弥陀如来」である。阿弥陀は「量りしれない寿命を持つ」の意味で、西方極楽浄土に住む。ついでにいうと、東方は浄瑠璃浄土(浄瑠璃世界)で、薬師如来が住む。
posted by たくせん(謫仙) at 13:41| Comment(2) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今年、50数年ぶりに訪問しました。
本当に大仏だけの寺だなと・・・
でも、焼きし気な御顔でした。
私も中には入りませんでした。外から見ている方が素敵ですよね。


与謝野晶子は阿弥陀如来とわかってからも、歌を修正する気はないと言ったそうですが、彼女らしいですね。
Posted by オコジョ at 2017年11月01日 21:10
オコジョさん
50年ぶり、ですか。わたしも30年以上前。
本堂などは隣にあるようで、そちらは公開していない。この事は未確認。
公開しているのは大仏のある場所だけですね。
「美男におはす」となれば釈迦牟尼でないと印象が薄くなりますね。阿弥陀では美男かどうかの判断から超越してしまいますから。
武侠ドラマでは僧侶はいつも「アーミーダーフ」仏教の象徴のようです。(^_^)
Posted by 謫仙 at 2017年11月02日 09:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。