2019年05月15日

京都1 東山地区

東山地区

 5月3日に京都に行った。5日までは千寿会の団体旅行である。
 初日の昼に先斗町に集合。令和初の「鴨川をどり」を見た。
 前に入ったお茶屋さんの「おかあさん」にも会えた。

IMG_2556.JPG

IMG_2557.JPG

 まず、抹茶をいただく、そして入った席は「と−7」、七夕の席であった。
 そこを2時に出て昼食は、南禅寺にある順正。

IMG_2564.JPG

IMG_2558.JPG
 庭園の中にあるような店だ。一人じゃとても入れない。団体で入れる店が、ここしか見つからなかったのだ。
 順正を出ればもう夕刻も遠くないが、東山界隈の散歩。まずは南禅寺である。

IMG_2565.JPG
 南禅寺の門。

IMG_2570.JPG
 琵琶湖疎水の水道橋。明治時代に琵琶湖疎水ができて、水不足の都市が水で潤うようになる。
 その変化の表れが造園である。枯山水の庭から水をふんだんに使った庭園へと変化した。この近くには、非公開の庭園が多くある。いずれも明治時代の資産家の別荘だったのだ。今でもその流れをくむ。

IMG_2575.JPG
 近くの高校。 かなり優秀なようだ。五月だな。

IMG_2581.JPG
 禅林寺(永観堂)は素通りした。

IMG_2583.JPG
 永観堂も南禅寺もかなり前に見たことがあるが、全く記憶にない景色だった。

IMG_2586.JPG
 哲学の道は名前が有名であるが、ブラ歩きを楽しめる人でないと、面白くないだろうな。
 琵琶湖疎水である。鴨川や白川が南に向いて流れているのに、この小川は北に向かっている。

 この日の宿は、民家を改造した家である。東山駅に近い。家を借りたので、すべてセルフサービス。8月24日まで予定で埋まっているという。千寿先生が早いうちに見切り発車で部屋を確保しておいたのだった。
posted by たくせん(謫仙) at 18:37| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。