2019年10月04日

円通寺

円通寺(えんつうじ)

 東京都荒川区南千住にある曹洞宗の寺院。あまり知られていないが、無名でもない。
 791年に坂上田村麻呂将軍によって開かれ、八幡太郎義家が再建した、と伝わる。

   IMG_3843.JPG
 門前からも見える観世音菩薩が古い寺にしては珍しい。
 仏塔のような外観が異彩を放っている。

IMG_3845.JPG IMG_3841.JPG
史跡
 彰義隊士の墓、旧上野黒門、小塚原旧跡。
 わたしは黒門があるので見に行った。
 本来は百観音で知られていた。ただし、安政の地震で観音堂が倒壊、現在は三十三体が本堂にあると言う。それは見なかった。

IMG_3848.JPG
 黒門
 これは上野寛永寺の総門であった。寛永寺は上野公園のほぼ全域を境内としていた。その南の正門で、官軍と彰義隊の激戦の中心となったところだ。
 冠木門であり、正門にしては質素な作りである。

IMG_3849.JPG
 たくさんの弾痕がある。

IMG_3853.JPG
 戊辰戦争は鉄砲の戦争であり、弾丸の量が勝敗を分けた。

IMG_3852.JPG
荒川区指定の有形文化財となっている。

IMG_3854.JPG
 裏側

IMG_3857.JPG
 八幡太郎義家が、奥羽征伐のとき、賊の首48をここに埋め、四拾八塚を築いた。
 それでこの辺りが小塚原と呼ばれるようになった。
 石造七重の塔には銘があり、現存する荒川区最古の石文である。遠くて判らなかった。

IMG_3860.JPG
 元からの石像か?

IMG_3862.JPG
 円通精舎、榎本武揚の書。

IMG_3864.JPG
 黒門とその後ろの彰義隊士の墓などは大きく囲われている。
 中に入る。

    さかるほと 見あける人や ふちの花

 と読めたが? (2字目自信なし)

IMG_3865.JPG
 曼珠沙華

IMG_3870.JPG
 自然に傾いたのか?

 慶応四年(1868)五月十五日に戦死した、彰義隊士の遺体が放置されていたのを、円通寺の二十三世「大禅佛磨大和尚」が、上野に行って斬首覚悟で供養した。拘束の後、埋葬の許可が出た。
 これが縁で、明治40年10月に、帝室博物館より黒門が円通寺に贈られた。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 余録
 東京オリンピックの前の年(1963)、吉展ちゃん誘拐殺人事件があった。
 2年3ヶ月後、埋められて白骨化した遺体が円通寺で見つかった。
 その供養のため、「吉展地蔵」か建立されている。

    IMG_3855.JPG
 古い写真とは異なるので2代目の像か
posted by たくせん(謫仙) at 07:26| Comment(0) | 山房筆記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。