2007年07月26日

科学博物館ハーブガーデン

 上野の科学博物館は長い間工事中であったが、4月に完成し、館の名称も地球館と日本館に変更された。
 今、インカ・マヤ・アステカ展が開かれている。それは科学博物館のホームページを見て頂くとして、地球館の屋上を紹介する。
 地球館には大勢いても屋上は人が少ない。今は暑いが涼しいころも少なかった。
 エレベーターもあるが三階から階段を登った。屋上の三分の一ほどをハーブガーデンが占める。
07.7.19018.jpg
 正面が階段とエレベーター。見ても判るように地味な所である。遊園地ではない。

07.7.19020.jpg
 草花の名前はカタカナ名ばかり。香料・薬・毒など複合的。特に薬と毒は同じものの使い方の差によることが多い。

07.7.19011.jpg
 タンジー(ヨモギグサ)
 小さな花の集合体、北欧原産、葉は鋸状。毒性がある。
07.7.19017.jpg
 蜜蜂が多かった。蜜蜂と比べても花の小ささが判る。アメリカではボタンともいう。あの牡丹ではなく、洋服の釦である。
 虫除けに使われたというが、どう使うのか。このままでは蜜蜂は苦にしないようだ。

07.7.19022.jpg
ギンヨウアカシア これは観賞用である。

07.7.19026.jpg
アルバ
ラベンダーは種類が多く、混乱もあるらしい。
イングリッシュラベンダー アルバ というが、イギリスの花というわけでない。
香味料・薬用・香料に使われる。もちろん観賞用にも。シソ科。

07.7.19030.jpg
検索してみたら
一般的に、よく見かけるラベンダーは、スパイカグループ 、ラバンジングループでしょう。
・トゥルーラベンダー(イングリッシュラベンダー)
・スパイクラベンダー
・早咲き3号 濃紫
・おかむらさき
これらは、スパイカグループに属します。

と、あった。
  以下略
07.7.19033.jpg
サザンウッド
写真だけでは大森林のようだ。
香料、ケーキなどの甘い香り付け。
posted by たくせん(謫仙) at 09:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 探花・探鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
上野の科学博物館はよく行きました。
なかなか夢のある場所ですね。
昔は、外にクジラの骨があって、それが無くなって・・・
また、変わったようですね。
でも、最近は、歳をとったせいか、科学博物館より、
国立博物館のほうに、足が向いてしまうのですが、
だいぶ変わったようなので、一度、行ってみたいですね。
屋上はいった記憶がないのですが、新しく登れるように
なったのでしょうか。
素敵な香りがしそうですね。
Posted by オコジョ at 2007年07月26日 10:23
鯨の骨があったのは知りませんでしたが、今はシロナガスクジラの模型がありますよ。その前はザトウクジラでした。
そういうのも写真にして、博物館そのものの紹介もしてみましょう。
新館が大きくなって、地球館となり、特別展なども行っています。
この中も写真にしてみたいものです。今回はマヤなどの文明展だけで、それ以外は屋上しか見ませんでした。
屋上は新館ができたころから上がれたと思いますが、はっきりした記憶がない。わたしも二回目でした。
博物館もだんだん充実してきましたね。平成館ができて、特別展の多くは平成館の二階で行われ、法隆寺の宝物館がいつでも見られるようになり(以前は週1回)、表慶館が新装され(中身は平成館一階へ)たりしました。
Posted by 謫仙 at 2007年07月26日 17:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック