2023年03月19日

民主の国とは

 幸福な監視国家・中国 の続きを、加筆して独立させた。

 以下はわたし(謫仙)の考えていたことである。
 中国といえば共産主義国家と思う人が多い。だがそれは違う。支配する中国共産党は、組織の看板として共産主義を掲げているだけだ。
 中国共産党が共産主義になれない理由は判っている。
 共産主義にはまず民主化しなければならない。民主化が共産主義のスタート台だ。これができていない。そして国民の生活を支える経済力だ。
 日本はすでにそこから踏み出している。第一歩は、国民皆健康保険だ。第二歩は年金だ。それから失業保険。これら社会保障はソ連と向き合っていたころ充実させた。そして経済力が勝るため、ソ連を遙かに凌駕する共産主義政策となった。
 最近ではベーシックインカム(ベーシックインカムとは)が考えられている。しかし、そのマイナス面もあり、導入は当分ないだろう。
 将来生産は全てロボット化して、失業率が5割を超えるようになると、導入が必要となろう。もっと前かな。
 西方極楽浄土や天国では、資本主義が機能しているとは考えにくい。共産主義に思える。当然ながら名前は異なるだろう。このことから共産主義は実現不可能に近い理想社会と思える。
 犯罪がなくならなくても、警察は必要だ、無駄ではない。消防は事故ゼロに向けて努力する。事故がなくならなくても消防は必要だ。無駄ではない。
 多くの人は無意識に共産主義を目指している。もう一度言うが、共産主義の名は変わっているであろう。たとえば人間主義。資本主義に乗れなかった人が滅んで、消費者のいないところで生産が増大しても意味がない。
 漢民族の支配者は4千年の帝国主義思想に支配されていて、帝国主義の範囲でしか考えられない。民主でも法治でも、帝国主義の範囲内での話になる。
 もっとも台湾や香港や華僑は西洋的な民主を考えることができる。
 中国ではしばしば、警察組織が、反社的組織と親しく思えることがある。そのため地元警察は信用できなくて、中央に訴え出ることがある。

 現在では中国外の西欧的な市民社会にも、非民主の陰が忍び寄っている。民主疲れとでも言うか。負担軽減(つまり利益)を求めすぎてしまうのだ。原因はソ連が崩壊し、非民主国との競争の必要度が低くなったことだ。
 日本の総選挙では表面だけでも一千億円以上かかる。選挙を止めれば一千億円が浮く。全てにそう考えると、経済的負担は軽くなるが、国家機能に大きな傷ができる。民主化していない中国ではこの傷が大き過ぎるように思える。

 日本でも、国民の生活を支える経済力に陰りが出ている。放漫財政のためだ。企業の体力が弱くなると、株価は下がる。これを強引に株価だけ上げても体力は回復しない。原因と結果を取り違えたのが、現状ではないか。

 間接的ではあるが、
 サピエンス全史 ホモ・デウス 続き に続く。
posted by たくせん(謫仙) at 08:01| Comment(0) | 書庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。