2007年08月04日

謫仙楼対局 聖姑

  黒 謫仙 5目半コミだし
  白 聖姑
 わが謫仙楼には、ときどき棋客が訪れる。狭いながら盤石を用意してある。これは10年前の聖姑(せいこ)との対局である。
   go8-4-1.jpg
 ここで白▲に切ってきた。右下の黒は手を抜いても生きるのだろうか。それなら黒1でオワである。
 聖姑と知り合ったのは10年前であった。若い友人が結婚して、その花嫁の友人として祝いに来たのであった。たまたま碁の話が出て、「では謫仙楼で一局」となったのだ。
 棋力が判らないので互先で打った。
「わたし、来年は30になるのね、早くしないと…」などと言いながら打つ。
   go8-4-2.jpg
 手抜きはとても自信がなく、黒1・白2・黒3と打って「勝ちました」と言ったつもり。
 ところが白4・黒5・白6となって緊急事態。結局は黒は左半分をとられ投了した。
 聖姑の曰く「左下は黒は手を抜いてもよかったのよ」。しかも上の図でもオワとはいえないらしい。本当かなあ。
 この時点でそれが読める聖姑は、とてもわたしと互先とは思えない。二子以上の差がありそう。不思議なことに、その後は勝ったり負けたりでいい勝負なのだ。
 勝利の記念にと、謫仙楼自慢の謫仙酒130年物を一本要求した。どうして謫仙酒のあることを知っていたんだろう。

 先月来たときは、「わたしもいよいよ二十代とお別れだから」と言って、謫仙酒を持ち帰った。
 おいおい、10年前にもそんなこと言っていなかったかあ。
 10年後にも言われそうな気がしてきた。
posted by たくせん(謫仙) at 07:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 謫仙楼対局 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック