2007年09月21日

謫仙楼対局 見損じ

黒 謫仙 6目半コミだし
白 聖姑

 いま白▲を打ったところ。黒1・白2・黒3がわたしの注文である。
 2-1-1.jpg
 謫仙酒をかけての碁では、わたしのこんな必勝形は初めてだ。聖姑(せいこ)はどこでどう間違ったのか。

「謫仙さんはデートで留守ということが、一度もなかったわね」
 入って来るなり聖姑はそんなことを言いながら、勝手にコーヒーを淹れる。
「そのとおりですっ。もてないので、『おさわり十八手』どころか、おさわり一手もしたことがありません」
「おさわり十八手? 粋な遊びを知ってるのね」
「聞いたことがあるだけです」
 甘い顔をすると謫仙酒を取られる。
「今日はわたしが負けたらデートしてあげる、勝ったら」
「謫仙酒か」
 聖姑が言い終わらないうちに、声を重ねた。聖姑は打つ前からもう勝ったつもりでいるようだ。
「オレの黒、コミなしでやろう」
「そんなあ、わたし負け越しているわよ、あなたの白よ」
 どこから、そんな嘘っぽい声を平気で出せるのだ。謫仙酒をかけると必ず勝って帰るのに。
 途中から数手打つたびに聖姑はため息をつく。どうやら聖姑に見損じがあったようだ。今回のため息は三味線ではなく、ライアーらしい。

 聖姑は小さいながらデパートのオーナーの娘である。
 父は駅前の商店街が終わるあたりに土地を得て、デパートを始めた。間もなく後ろに団地が建ち、ファッション商品が売れ筋だった。
 ところがそれがいくら努力しても売れなくなった。
「わたしが大学を出たら、いきなりファッション商品の責任者にされてしまった。父はわたしのファッションセンスに期待したんでしょうけど」
 3ヶ月後、聖姑はその売り場を高齢者用衣服の売り場に変えてしまった。
「団地の人たちが高齢化していたのよ。それに若い人は都心のデパートや専門店で買ってくるでしょ」

 2-2-2.jpg
 黒圧勝の場面で、黒1と打つと「困ったわあ」と言いながら少し考えて白2と打つ。
「しまった」と思った。大変な見損じだ。今打った黒を捨てて、黒3と一眼を作る。白4をみて右でもう一眼と思ったら、一閃白6が来た。これが来て、ようやくここが切れていたことに気づいた。
 どうやらもうコミも出ないらしい。盤面勝負である。残った右下を活きようとしたら、こちらも死んでいる。
 悲鳴を上げて投了した。「黒5は6でなければいけなかったんだ」しかし、それでも活きない。
 よくよく考えてみたら、白4で全滅しているではないか。元に戻って黒3では、黒4・白ヌキ・黒3で、黒は一眼を持って劫になりそう。黒はなんとか活きたのではないか。しまったと思った次の手が本当の敗着だった。
 その前に、もし切断の手が見えていれば、黒1は4に打って何の問題もなかった。

「あら〜困ったわ、今日は負けたかったのに」
 聖姑はそんなことを言って、謫仙酒を持って意気揚々と引き揚げていった。
posted by たくせん(謫仙) at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 謫仙楼対局 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56418847
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック