2007年12月06日

金龍山浅草寺

 11月の半ば、久しぶりに浅草を歩いた。
 ここは何回も歩いているため、写真もその時に思ったところしか撮らず、全体的にまとまりがない。
 いわゆる観音様は金龍山浅草寺という。創建は628年というからかなり古い。
 雷門から入り、仲見世を通ると宝蔵門になる。長い間、屋根の工事中で幕に覆われていたが、工事は完了していた。

07.12.4 001.jpg
 宝蔵門
 二階は文化財の貯蔵庫というが、何が入っているのだろう。
 1964年再建の鉄筋コンクリート造り。仁王を安置してあり、仁王門ともいわれた。

 本堂に登る。本堂は戦災で焼けたが、1958年再建。聖観音を祀るため観音堂とも。秘仏であり、見ることはできない。戦災の時は何ともなかったのか。
 参拝し天井を見上げると絵が描いてある。
07.12.4 005.jpg
07.12.4 007.jpg
07.12.4 008.jpg
 本堂の天井、真ん中は龍。龍の両隣は天人散華の図。その外側は蓮。

07.12.4 019.jpg
 戦災で消失した五重塔は1973年に再建。塔自体は約48メートル。5メートルほどの基壇の上に立つ。

07.12.4 018.jpg
 ちょうど黄葉が始まったころであった。全体的にはまだ青い。

07.12.4 014.jpg
 観音堂の西側に西境内という一画がある。庭園風で、仲見世の人通りはどこへ行ったのかと思えるほど静かなところ。その六区よりに淡島堂がある。
 本堂の再建まではこの堂が仮本堂であった。
 2月8日に「針供養」が行われる。この日は針仕事をしないという風習もあったという。
posted by たくせん(謫仙) at 07:27| Comment(4) | TrackBack(0) | 山房筆記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
たくせんさんこんにちは。銀杏がきれいですね。こんどわたしの妻と姉が初めて東京にいくのです。12/13氷川きよしのコンサ−トでしたが残念ながら落選しましたが、姉が東京へ行くのがはじめてなので楽しみにしています。東京タワ−と浅草の観音さまへいきたいといっています。妻は2.3回東京にいっていますが姉ははじめてでいい思い出をつくってほしいとおもっています。わたしが一緒ならくわしく案内できるのですが妻も一人でいくのは初めてでこころ細くしています。
Posted by 龍之介 at 2007年12月06日 09:08
おお、初めての東京ですか。
いい思い出になって欲しいですね。
わたしは都庁の展望台がお勧めなんですが、展望より、東京タワーそのものを、見たいのでしょうね。
浅草、東京に来たら、江戸情緒の残るところとして、見ておくべきでしょうか。外国人もここは人気スポットです。
コンクリートジャングルならどこでもありますが、江戸情緒はここだけ。京都なら三年坂といった所でしょうか。
すこし心細いほうが印象に残りますよ。二人なら安心して楽しめるのではありませんか。
Posted by 謫仙 at 2007年12月06日 19:26
東京にいた頃は、田舎から人が来ると、ここと
東京タワーをよく案内しました。
一昨年の頃水上バスで、隅田川の桜を楽しんだあと
田舎者になったわが夫婦で訪れました。

懐かしさがありました。
東京に住んでいたときは感じなかったのですが、
再建とはいえ、あたりの雰囲気を含めて江戸情緒を
感じて来ました。
Posted by オコジョ at 2007年12月06日 22:13
東京タワーと浅草は東京の象徴みたいな意味がありますね。
官庁街だって東京独特ですが、象徴にはなれません。皇居は江戸城跡ですし。
中国に行っても中国らしい雰囲気のところが観光地ですから、浅草など東京の顔になりますね。実際には銀座や新宿渋谷などの繁華街がお金を稼ぐと思いますけど。
わたしなど用事がなくても、ただの散歩でも行きたくなるところです。
Posted by 謫仙 at 2007年12月07日 08:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック