2008年03月04日

リキュールは酒ではない

 先日酒屋に行った。
 最近は選ぶのにいわゆる迷うことはなくなった。
 味付けアルコールがなくなったことが大きい。
「味付けは、今ではリキュールとされて、酒ということはできないようになったンですよ」
 親父さんの言葉である。
「アルコール添加はまだ許されていますけどね」
 アルコール添加は量にもよるが、必ずしも不味い訳ではない。だが、やめるべきだろうな。
 今後は酒を頼んで、味付けアルコールを出されることはなくなるのかな(^_^)。

 もう十年ほど前になるだろうか。勤めていた会社で新年会があった。もらい物の銘酒があって、それはうまい。で、ある人がそれを飲みながら話をしているとき、社長は味付けアルコールをわたしに渡し、勧めに行けという。冗談じゃない。銘酒に味付けアルコールを加えてどうするんだ。
 仕方がない。その一升瓶を持って勧めに行った。もっともその人は苦労人だったので、銘酒を残り少なくし、そのあと平気で受けたが、味が判る人なのでもう口にしなくなった。
「社長に言われたんですね」と、ウフッと笑う。
 わたしはそのあと、間をおいてコップと銘酒を持って、あらためて勧めてきた。会社に勤めているとこんなバカらしい藝も必要なんだ。
 こんなことで社長をバカにするわたしは、それ以上にバカだな。

 それはともかく、酒屋の親父さんに訊く。
「蔵元は今でも減っています?」
「ええ、毎日のようにやめたという話を聞きますよ。今では千を切りました」
「四年前は千五百と聞いていたから、三分の一は倒産したんですね」
「味付けアルコールを出していたところは、今では箱の酒なんか出して凌いでいますが、あれは儲からないし。今ではいい酒を出すところしか売れないですね」

 増田晶文氏は、今の日本酒はおそらく酒のなかで一番美味いという。そしてそれは今しか飲めないだろうという。
 技術の進歩で美味しい酒ができるようになったが、それをこなす人(杜氏など)が高齢化し、その人たちが引退すると、もう作れなくなってしまうかも知れないのだ。
参考 うまい日本酒はどこにある?
 酒が不味い時代に育った人は洋酒を好む。そのためうまい酒もなかなか売れない。じり貧だ。だが、リキュールを酒(日本酒)といえなくなったのは、朗報ではないか。これがきっかけで酒の信頼を取り戻せるかも知れない。
 今回の酒は、「窓乃梅」純米吟醸しぼりたて生酒、2415円。
posted by たくせん(謫仙) at 07:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 山房筆記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
酒屋ではトラックに積んだ砂糖が納入すると聞きました。
味の素も・・・
地酒を作っている会社に勤めていた友人の話ですが、
その味に馴染んでしまいました。
石油ショック、会社は倒産寸前、賃金10パーセントカット、ボーナスなし・・・
高い酒を買う余裕がありませんでした。

銘酒は、年に何回か・・・
たまに飲む銘酒はうまいですね。
品があります。

でも、地酒は身体にしみこんでしまいました。
ただ辛口に限りますが・・・
謫仙さんから見ると邪道かもしれません。
育ちが違うようですね。

それよりも、それはともかく、蔵元が、「四年で千五百から、千を切るという方が驚きです。
こちらでは蔵元がつぶれたという話を聞きません。
どこでつぶれているのかと・・・
日本酒メーカーも大変なのですね。
日本酒が飲めなくなると寂しいですね。

あまり、適切なコメントではないようですね。
Posted by オコジョ at 2008年03月04日 17:36
日本酒メーカーは大変な時代だと思います。
4年で千五百から千。
増田晶文氏は2010年には五百と予想しています。
あと2年で半分は倒産。
もちろんそれは4年前の話で、最悪の場合は…という予想なんですが。
最近は原料の米さえ確保できないという話がありますね。
信州は酒所、いい蔵元が多いのでしょうか。

味付けアルコールの話。
これは別に悪いことではない。ただ、これを「純米酒」と偽る(錯覚させる)ようなことはやってはいけないという意味です。
ビールに対する発泡酒のように別な名前にすれば、それで安くなり消費者は納得しますから。
Posted by 謫仙 at 2008年03月05日 08:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/88198656
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック