2008年03月26日

疑史世界伝

   清水義範  集英社  07.5

 偽史日本伝の続きと言っていいか。偽史日本伝は日本史のパロティだった。
 この疑史世界伝は「偽」ではなく、今までの常識を疑って、別な見方をした歴史である。
       gishisekaiden.jpg 
 別な見方であるから歴史的事実そのものはいじっていない(らしい)。今までのキリスト教世界から見た記述に対して、反対側から、例えば十字軍なら、侵略されるイスラム世界から見た記述である。「フランクが来た」
 世界史にうといわたしには、恰好の世界史の本であった。
 オスマン・トルコが壊滅し、小アジアのトルコが列強に分割されそうになったとき、トルコ共和国を作った人、初代大統領ケマル・アタチュルクの「トルコ人の父」
 商業で世界を制したオランダに対して、オランダに追いつき追い越せと、イギリスが学ぶ「あきんどの国」。どこかで聞いたような話だ。
 ムガール歴代皇帝の愛を語り、タージマハルの由来を説く「ムガール皇帝たちの愛」
 モンゴルの初代は、チンギス・カンだが二代目はオゴデイ・カアンとなり、三代目のグユクはカンに戻り、四代目モンケからはカアンとなった。だからチンギスはカアンではなくカン。そのモンゴルの大遠征を遠征される側から見た「モンゴル八百」
 欧州世界の複雑さを書く、「ヨーロッパの曙」
 こんな話が十九編
posted by たくせん(謫仙) at 06:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 書庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/90978166
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック