2008年03月31日

向島百花園2

 片栗を見るのは5月の山なので、5月の花のイメージが強かったが、実際は桜より早いようだ。
0.8.3.27-008.jpg
 片栗(かたくり)
 片栗の特徴は二枚の葉であろう。二枚の葉と一輪の花。種が落ちてから、花が咲くまで8年くらいかかるという。根は球根で、翌年もまた早春に芽を出す。片栗の桃色の花は、シクラメンのように下を向いて花びらが反り返る。この写真は反り返っていないがどうしたのか。咲きはじめたばかりなのかな。
0.8.3.27-011.jpg
 この花は春の山に他の草に先駆けて開く。そして他の草が繁るころには姿を消し、十ヶ月の眠りに入る。
 この球根から、昔は片栗粉を採った。今ではジャガイモから採る。
 土を盛り上げ岡状にして、回りを縄で囲ってある。かなり遠くピントが甘い。

0.8.3.27-021.jpg
 椿
 白い椿もあった。この清潔な感じが好きだ。

0.8.3.27-029.jpg
 三椏(みつまた)
 目立たないが、小さな花が集合している。よく見ると意外に美しい。
 
0.8.3.27-031.jpg
 三椏は花だけが先に咲く。
 カメラの動きか悪く、ピントか甘い。連翹は写真にならなかった。修理する気はない。カメラの換え時か。

0.8.3.27-044.jpg
 振袖柳(ふりそでやなぎ)
 これだけでは特徴が判らない。わたしにしても初めて知った名前。

0.8.3.27-073.jpg
 木五倍子(きぶし)
 初めて見る。つりがね状の花が房になっている。木五倍子できぶしとは読めない。染料の五倍子(ぶし)の代用になるからとか。

0.8.3.27-081.jpg
 庭梅(にわうめ)
 いわゆる梅ではない。原産地は中国。写真で見るとサクランボのような実がなる。

0.8.3.27-085.jpg
 桜桃(ゆすらうめ)
 桜桃と書くが、サクランボではない。庭梅と同じく中国原産。いずれもサクランボに近い種であろう。
posted by たくせん(謫仙) at 07:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 探花・探鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ゆすらうめ、素敵な名前ですね。
春ですね〜花々が咲きカメラ持って散歩に出かける気分になりますね。
でも私は花粉症でイマイチ気分が乗らないのです^^;

たくせんさん、カメラ買っちゃいましょう〜天使の声です♪
Posted by 千春 at 2008年03月31日 23:53
風雅な名前ですよね。どこかで聞いたことがあったのですが、初めて見ました。
百花園は花の見本帳みたいなところですから、思わぬ花がありますね。
カメラは買う気でいますが、何にするか迷っています。
今のカメラは修理する気になれないのは、ピント合わせが液晶映像なので、よく判らないことと、撮影枚数が少ないこと。
なんでも電動のため、予備のバッテリーを持っていっても一日保たないンですね。一日100コマでもバッテリー2個を使うのは大変です。
先の旅行では10日間で1000コマ近くなりましたが、毎日2個のバッテリーを充電していました。
それでイヤになってしまったいました。近いうちにカメラ店に見に行きます。
Posted by 謫仙 at 2008年04月01日 08:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/91687369
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック