2008年05月06日

八重桜

 百合鴎を撮したときと同じ時、上野不忍池のまわりの八重桜である。初めて写真にした。
0.8.4.15-008.jpg
 八重桜はこうして団子状に咲くため、あまり好きな花ではなかった。

0.8.4.15-021.jpg
 こうして大きくしてみると、柔らかいイメージがする。桜紙の造化のような感じだ。そう言えば桜餅を包む桜の葉はこんな色合いだ。実際は大島桜の葉を使う。
 向島百花園の近くに長命寺桜餅の店があったが、小さな店で、客が行列をつくっていた。

0.8.4.15-070.jpg
 これなど団子状でも柔らかい表情がする。

0.8.4.15-071.jpg
 こういう写真で、まわりがぼけて中心が強調されるといいのだが、このカメラはそのような細工ができない。今回の撮影でFZ10の最後となる。残りの写真が少しある。
posted by たくせん(謫仙) at 08:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 探花・探鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こちらも、八重桜が満開です。
おなじ桜の仲間で、色彩豊かなのに、
なぜか騒がれませんね。

桜湯はこの花ですね。

新しいカメラの写真楽しみにしています。


そういえば前に、カメラのバッテリに言及して
いらっしゃいましたね。

私も、充電式のバッテリーを使用していました。
確かに軽量でいいですね。

どちらがいいかは、個人の使い方に、よるのでしょうが、
私は、今は単三の充電式の電池を使用しています。
この場合、旅と途中でバッテリーが切れても、
市販の電池で、凌ぐことができます。
常に1セット(単三4本)予備を持っていますが、
一日ですとかなりの枚数をとっても足りるようです。
長い旅行の場合は、もう1セットと充電器となります。
Posted by オコジョ at 2008年05月08日 21:28
八重桜の下ではあまり、宴会風景は見かけませんねえ。
染井吉野の後では飲んで騒ぐ習慣がなじまなかった、というところでしょうか。

いま新しいカメラのバッテリー試験中です。充電してからすでに200コマ近くなりました。公式的には500コマ程度撮れることになっていますので、その半分250コくらいは撮れると思われます。それなら一日の行程に充分ですね。毎日充電できれば困りません。
問題は充電できない場合ということになりますが、その時はまた考えることにします。

最近充電式の単三電池があるようですね。わたしはまだ見たことがないので、単三電池を毎日買ってくるようなイメージがして、単三電池使用カメラは考慮しませんでした。
FZ10では予備のバッテリーを常に持ち歩いていました。今度のカメラは充電器だけで済みそうです。
Posted by 謫仙 at 2008年05月09日 06:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/95795352
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック