2022年10月12日

南千住カメラ散歩

南千住駅前
 南千住で降りて浅草まで歩いたことは何度もあるが、西側は二度目だ。
 前回は 円通寺 だった。
 (小さい画像はサムネイル)

 IMG_4370.JPG

 駅前は小塚原処刑場あとである。道はコツ通りとして有名であるが、ただしわたしは落語で知ったのであり、特に学んだわけではない。
 駅前にはJR線を挟んで延命寺と小塚原回向院がある。

IMG_4367-1.JPG
 延命寺 あまり広いところではない。

IMG_4363-1.JPG
 入って突き当たりに大きなお題目の石柱が有る。同じものが大森の鈴ヶ森にあるとか。
 右奥の像は首切地蔵である。三百年ほど前に立てられた。

IMG_4371.JPG

IMG_4373-1.JPG
 小塚原回向院
 この奥の見えるところから左は一般の墓所で、立ち入りは遠慮すべき。右方には案内がある。

IMG_4375.JPG
 その墓所の案内。

IMG_4378-1.JPG 
 カールゴッチの墓があった。プロレスファンなら知らない人はいない。あのプロレスの神様カールゴッチである。ガチで強かった。
 そのお墓がなぜここに?
 検索したところ、骨のほとんどは海に散骨され、1割ほど弟子が保管していて、それがここに納骨されたという。

IMG_4379-1.JPG
 高橋お傳
 一応、毒婦と言われるが…

IMG_4380-1.JPG
 鼠小僧次郎吉
 「十年間に荒らした屋敷95箇所、839回、盗んだ金三千両余り」と白状したが、実際は不明。 

IMG_4381.JPG
 橋本左内

IMG_4384.JPG
 吉田松陰

IMG_4372-1.JPG
 入り口には吉展地蔵尊が有った。円通寺で見たとき、「古い写真とは異なるので2代目の像か」と書いたが、ここにあった。


素盞雄神社
 少し北千住の方へ歩くと素盞雄(すさのお)神社がある。

IMG_4403-1.JPG
 素盞雄神社の正面、旧日光街道側から。

IMG_4400-1.JPG
 碁盤の儀
 七五三の行事。ここから飛び降りるはずだが、下が石畳では躊躇しそう。ここではどうしているのか説明はなかった。宮中行事に由来する。

IMG_4405.JPG
 向かって左側は狛犬のはず(?)、角がないので獅子かな。右には獅子。区別つきませんでした。

IMG_4392.JPG
 日光街道から。ここから入った。正面はこの左手になる。

IMG_4393.JPG
 松尾芭蕉の奥の細道での最初の宿場が千住。

IMG_4398.JPG
 富士山
 見にくいが鳥居より高い。

IMG_4409.JPG
 神楽殿

IMG_4412.JPG
 荒川ふるさと文化館の前

IMG_4411.JPG

IMG_4413.JPG
   荒川千住 芭蕉主従に 花の春     兜太 
posted by たくせん(謫仙) at 09:32| Comment(0) | 山房筆記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月06日

桃花石

 先日散歩していたら、歩道の敷石に珍しい石が使われていた。
 桃花石だ。もっとも宝石の桃花石とは異なるだろう。このあたり正確なことは知らない。
 わたしが桃花島に行ったのは2006年3月のことだった。
 当時は中国国内でも小説(ドラマ)上の架空の島と思われていたらしい。そのように思っている人が多かったという。
 わたしたち武侠迷(武侠ファン)9名は関西空港から上海に行き、一泊して桃花島に向かう。片道一日半かかった。東京からは2日半だ。
 詳しい話は旅行記「桃花有情」を読んでいただくとして、その島の特産の石が桃花石だ。
参考 桃花有情 3 射雕英雄伝旅游城

 写真は散歩中に見つけた歩道の敷石。

2022.6.6.2.jpg

2022.6.6.1.jpg

 シダの化石と思われる。道路の敷石などに使われているように、高価な石ではないだろう。桃花島にある石だから桃花石、としか思えない。
 それで、散歩で見つけた石はその桃花石とそっくりだった。輸入したのだろうか。
 もしかしたら、そのような模様を付けただけなのかもしれない。桃花島を思い出しながら、しばらく見入ってしまった。

参考 桃花有情 1 往路 
posted by たくせん(謫仙) at 07:14| Comment(0) | 山房筆記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月06日

フィルムの劣化

フィルムの劣化
 いま、古いフィルムをスキャナー撮りしている。
 もう使うことはほとんどなく、そのまま捨てても良いくらいだが、一応記念にとっておこうと思った。これが終われば押し入れの半分が空く。管理の手間も少なくなる。
 もっとも、そのために手間をかけてスキャナー撮りするのは矛盾するか。

 大体1990年頃までがネガフィルム。これをポジフィルム(ラッシュ)にして、マウントしてある。
 それから2004年頃までがポジフィルムの時代。ここまで約2万コマ。この頃、スキャナー撮りした写真は鮮明であるが、今となっては画像が小さすぎた。横1000ピクセルのパソコンに載せる大きさだったのだ。
 その当時のスキャナーは故障してしまった。
 最近新しい小型スキャナーを買った。使ってみて判ったが、スキャナーの性能が低すぎた。特に明暗の幅が狭くハレーションをおこしてしまう。前のスキャナーではきれいに見える夕焼けも、新しいスキャナーでは表現できない。しかも、フィルムが劣化している。
 2004年にデジカメとなった。
 ところがここ数年ほとんど撮っていない。しかもいわゆるカメラは使わず、iPadやケータイで済ませている。これらは劣化しない。
 全部終わるまで、辛抱が続くかどうか。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
6月2日記
 ようやく終わった。万一ネガからおこす必要に備えて、スキャナーは捨てずに置くが、おそらく二度と使うことはないだろう。
 これからの処理は、選択。不要なコマの消去などだが、それは折りがあればで、いまはする気がない。
posted by たくせん(謫仙) at 19:06| Comment(0) | 山房筆記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月28日

草加宿から草加松原

草加宿から草加松原

東福寺から旧日光街道を通り松並木まで。

2020.06.14.20.jpg
 おせん茶屋
 旧日光街道散策の休憩用の小公園。何もない。周りにはお茶を売っている店がある。

2020.06.14.21.jpg
 その案内。
 言い伝えによれば、草加煎餅を作ったのがおせんという女性。それが人気が出て、有名な草加煎餅になったといいう。

2020.06.14.23.jpg
 神明庵、草加宿で一軒だけ残った建物。裏の方は、現代風に改造されている。
 戸は閉まっていたが、休憩所らしい。売店もある。
 
2020.06.14.24.jpg
 旧日光街道が神明町の交差点で国道49号線にぶつかる。左右におせん公園がある。
 右にある曽良像
「奥の細道」の芭蕉の同行者。曽良の書いたものは、資料価値が高い。
 芭蕉は文学として「奥の細道」を書いているため、それなりに脚色されている。

2020.06.14.26.jpg
 旧日光街道を挟んで北側を見る。
 
2020.06.14.27.jpg
 北側のおせん公園には、おせんべいの碑

2020.06.14.28.jpg サムネイル
 おせんべいの作り方。

2020.06.14.29.jpg
 芭蕉像
 松尾芭蕉は北千住で見送りの人たちと別れ、最初の宿泊地が草加宿である。
 国道49号線を神明町交差点から北へ二十メートルほどで、おせん公園を過ぎ伝右川になる。
 獨協大学脇を通って西から流れてきた伝右川は、綾瀬川まであと二十メートルほどで九十度ほど曲がって、綾瀬川と並行して南へ行く。

2020.06.14.30.jpg
 札場河岸公園望楼
 伝右川をわたると、伝右川と綾瀬川に挟まれた、小さな札場河岸公園があり、古い望楼がある。
 北は国道49号線と平行して綾瀬川が流れている。
 南へは伝右川と綾瀬川が並行して流れているが、交わらず分かれてしまう。
 
 国道49号線と綾瀬川の間は二十メートルもなく、松並木で有名な旧日光街道が通る。今は草加松原遊歩道である。

2020.06.14.32.jpg
 草加松原遊歩道(旧日光街道)をすこし歩くと大きな歩道橋がある。
 道も川筋もまっすぐだ。江戸時代に整えられたか。

2020.06.14.34.jpg
 歩道橋の上から見る。松原というより松並木だ。
 最寄り駅の獨協大学前駅は、元は松原団地駅といった。2017年に変更された。

2020.06.14.35.jpg
 国指定の名勝地「おくのほそ道の風景地」。歩きたくなる道だ。

2020.06.14.38.jpg
 まっすぐな遊歩道が約1.4キロメートル続く。地図で見ると、この間は綾瀬川の川幅も狭くなっている。

2020.06.14.39.jpg
 松は若い木が多く、江戸時代からの老木は少ない。
 昭和四十年代には、七十本程度にまで減っていたのを、昭和51年に保存会が発足して補植され、現在の景観となった。

2020.06.14.40.jpg
 名 勝
 おくのほそ道の風景地
  草加松原
     ドナルド・キーン書


2020.06.14.41.jpg サムネイル
 松並木の案内板に詳しい説明がある。
posted by たくせん(謫仙) at 07:05| Comment(0) | 山房筆記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月22日

東福寺(草加東福寺)

 草加には東福寺という寺がある。正式には「松寿山不動院東福寺」という。
 草加は宿場町だが、大川図書(おおかわずしょ)なる人物が、宿場町を開き、この東福寺も創建した。1606年というから、江戸幕府ができてまもなくである。
 この写真は6月14日、ようやく写真を整理して、紹介することになった。

2020.06.14.02.jpg
 山門

2020.06.14.01.jpg
 門脇の石灯籠はかなり大きい。

2020.06.14.03.jpg
本堂
 1993年(平成5)には大規模な改修が行われた。

2020.06.14.04.jpg
 鐘楼 文久二年七月再造立(1862)

2020.06.14.06.jpg
 三鈷の松 鐘楼の脇の松はなんと3葉の松。名は高野山で有名であるが、こんな近くにもあったとは。
 そういえばこの寺は真言宗。

2020.06.14.05.jpg
 五葉松は知っているが、3葉の松というのは初めて見た。

2020.06.14.07.jpg
 本堂の前、ここが墓ではない。墓地に大川図書の墓があるという案内である。

2020.06.14.09.jpg サムネイル
 本堂内外陣の欄間の彫刻の説明。中は見なかった。

2020.06.14.10.jpg

2020.06.14.11.jpg
 外の彫刻も優れている。

 草加八景という案内もある。
 東福寺本堂内外陣境彫刻欄間(市指定有形文化財)
 東福寺鐘楼(市指定有形文化財)
 東福寺山門(市指定有形文化財)

2020.06.14.17.jpg
 草加不動堂、「松寿山不動院東福寺」という名からすれば、こちらが寺の中心かな。
 手前の低い植え込みは、ハマナスだった。

2020.06.14.14.jpg
 関東でハマナスを見たのは初めて。八戸や函館で見たことを思い出す。

2020.06.14.16.jpg
 果実は食用になる。どんな味だろう。

2020.06.14.15.jpg
 白い花もある。

2020.06.14.18.jpg
 参道を日光街道に向かって歩くと途中に紫陽花が咲いていた。
 スマホでマクロ写真は難しい。

2020.06.14.22.jpg
 日光街道から振り返る。こちらが表参道である。
posted by たくせん(謫仙) at 08:03| Comment(0) | 山房筆記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月04日

ホームページの改造

ホームページの大改造をした。
 数年前から考えていたのだが、今では仕事でもホームページ作成をしたりして、それなりに深く知る必要が生じていたのだ。
 従来はHPBで作っていたが、時代に沿わなくなっていた。
 そこで、買い求めたのが、
   HTML&CSSのきほん 1980円
      22.7.3.jpg

 これで4日間、HTMLのお勉強。かなり難しいが、いままでのHPBでもHTML文は見ていたし、ブログを始めたときは、見本を選ぶと、そのCSS文も変えることができ、一ヶ月以上かけて、CSS文を変更し、ようやく今のブログを作ったのである。2007年のことであった。
 それから13年経つが改造はしていない。HTMLも5.2になったが、特に問題はないようだ。
 本題のホームページだが、HPBでは、いろいろと問題が生じていた。使えなくなる前に、HTML5 に準拠したホームページにしたい。
 「HTML&CSSのきほん」だけでは、とても無理だ(時間も、技能も)。そこで新しいホームページ作成ソフトを求めた。そして選んだのがSIRIUS(シリウス)である。
 普通なら、WordPressであろうが、なぜか気が向かない。
 余談だが、わたしがインターネットで物を買うのは今回が初めてである。いままでは、物は選んであって、流通経路としてインターネットを利用しただけだった。今回はインターネットで物を選び購入した。つまり中身が全く確認できない状態で、宣伝文だけで判断した。
 6月23日に購入。HPBよりかなり難しい気がした。しかし、他のソフトは使ったことがないので、易しいのか難しいのか判断はできない。ブログとHPBの経験とHTMLのお勉強があったので、なんとか7月3日に公開できた。
 まだあちこちを手直ししたい。それはゆっくり。

7/9追記
 このソフトは、HTML&CSSの知識がないと扱いにくい。
 ページ内リンクの仕方が判らず、ネットで調べて、タグ打ちでリンク処理をした。これでリンク問題は解決した。
 内蔵のアップロード機能は使いにくいので、FFFTPをインストールした。ところが問題発生。
 画像フォルダー名にimgを使うと、アップロード時に、ソフトが用意した100個以上の不要な画像ファイルが一瞬に滑り込む。何度か消したが、繰り返しなので、画像フォルダー名を変更し、アップロード時に工夫することで解決した。それでもimgフォルダーが入り込んでくる。こうなると「改訂ファイルのみアップロード」という機能が使えない。さらに訂正しても反映されないという事態が発生。扱っているファイルと実際のファイルが違っていた。どこかに秘密のファイルがある。エクスプローラーをいくら探しても見つからない。
 今日一日かけて、ようやくファイルの位置を探し出した。
 わたしはブラックボックスが嫌いだ。意味が判らないと心配なのだ。ファイルの位置が判ってみると、いままでの苦労のかなりの部分が不要となる。意味が判ると、すっきりするし、あちこちに応用が利く。画像の問題も意味が判った。何より「知らずに消してしまう」「知らずに壊してしまう」ことがなくなる。
 この点はHPBが勝る。

8/14追記
 今のFTPはシリウスのソフトを使っている。FFFTPはおやすみ。「更新されたファイル」のみ送るのであるが、送る寸前にimgフォルダーを削除して「更新されたファイル」を送る。毎回削除するので慣れたが、どこを見てもこれを回避する方法が判らない。そのうちシリウスに添付された、シリウスとは別のFTPソフトをためしてみよう。 
posted by たくせん(謫仙) at 09:22| Comment(0) | 山房筆記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月15日

神韻晩会2020

 神韻晩会2020 を見た。

     20.1.14.1.jpg
 中国の舞台芸術の神髄のような見事な芸である。そして知性が感じられる芸である。
 他の芸は知性がないと言うわけではないが、別な思いがある。
 中国の雑技を見ていると、できがよいほど(勝手に)痛ましさを感じてしまう。その芸を習う、習い方とその期間、そしてその経緯を思ってしまうのだ。

 覇王別姫という映画がある。覇王別姫という京劇の演目を習う虞美人役の男の話だ。
 幼いときに遊廓の母に捨てられ、貧しい京劇の養成所に入れられる。大勢の子供と一緒に、一日中覇王役の男性と組んで、虞美人役を習う。昼も夜も。それが大人になっても続く。その間に多くの人は脱落していく。京劇界きってのスターとなっても、世間のことは全く知らない。その男のできることは京劇だけで、その中の虞美人役だけである。
 雑技の名手には、そんな練習ぶりを感じてしまう。しかし、神韻は違った。
  
 文化大革命によって、中国五千年の芸術が破壊されかなり失われた。2006年、それを復活しようと世界各地の中国系の芸術家が集まって、神韻を結成した。
 すでに欧米で、芸術家として活躍している人たちである。そして演目は毎年変えている。神韻の演目に知性が感じられるのは、そのためかと思う。

 間に一度休みを入れて、前後2時間。19演目だが、そのたびに幕が降りて解説が入る。
説明の意味もあるが、俳優が衣装を換えたりする用意の時間でもあろう。
 新体操を思わせる美しい演技と演出は、余計なことは考えずに見とれてしまう。
posted by たくせん(謫仙) at 09:09| Comment(1) | 山房筆記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月06日

札幌らーめん北の大地

2020.1.6 追記
2014.5.4 追記
2011.7.23 記
……………………………………………………………………………………
2020.1.6 追記

 札幌らーめん「北の大地」が恵比寿に引っ越しした。
 今年に入って引っ越ししたばかり。まるでカフェのようなしゃれた店になった。そして大きくなった。
 テーブル席が多くなり、イメージが一新した。

20.1.6.244.jpg

20.1.6.1.2.2.jpg

 昨日、1月5日は囲碁の日、日本棋院で打ち初め式があった。
 アフターは、釼持丈先生を囲み5人でワインの楽しい時間を過ごしたが、北の大地の店主(知る人ぞ知る美女)もいて、引っ越しが話題になり、「みんなで食べに行こう」となったのだ。
 電車で恵比寿へ、少し歩いて渋谷橋交差点まで。歩道橋の側だ。
 武宮先生(囲碁九段)の祝いの花束が表にある。
 当たり前だが、まだグーグル地図には乗っていない。
 そこで5人でビールを飲み、豚の角煮を食べ、ラーメンを食べた。豚の角煮は絶品だったな。もちろんラーメンもうまい。
 また行きたい店だ。

   30.1.6.3.jpg


創業昭和47年の老舗
当時のレシピそのままに
幅広いお客様にお喜び頂けるラーメン店です。
どこか懐かしさを感じる優しい味をぜひお楽しみください。


 ふじみ野駅西口ソヨカにも店があります。 http://www.soyoca.jp/shop/detail/79

……………………………………………………………………………………

2014.5.4 追記
 久しぶりに新宿の「北の大地」に行った。
 三度目になる。今回も碁会の前によった。碁会に参加する棋友も一人来たが、待ち合わせた訳ではない。

IMG_0484-1.jpg
 入り口

 今回は味噌ラーメンを食べた。白味噌である。
 最初は醤油ラーメンだった。

IMG_0480-1.jpg
 シンプルなメニュー。気づいた方もいよう。醤油を正油と書いてある。
「どういう訳か北海道では正油と書くことが普通。それなのでそのまま正油と書いています」
 その方が北海道らしい。

IMG_0478-1.jpg
 今回食べた白味噌のラーメン。「おいしかった」だけでは小学生の作文。(^。^)
 しかし、前回も書いたように、ラーメンは滅多に食べないので、他との比較は控える。

   ……………………………………………………………………………………
2011.7.23 記
 先日、久しぶりにラーメンを食べた。
 どのくらい久しぶりかというと、七年以上、おそらく十年ぶりくらいかな。
 7月18日に新宿の囲碁サロン喜楽で、ある碁会があった。喜楽はビルの7階にあり、ビルの屋上に小さな部屋があって、そこを個室として、碁が打てるようになっている。時々ここに集まって碁会を開いている。
 その碁会は1時からであり、家を出る前に食事するには早すぎる。新宿に行ってから昼食を済まして、喜楽に向かうことになる。
 その昼食にラーメンを食べたのだ。長い間食べなかったのは、別に嫌いだったわけではない。ラーメンは自分では作れないし、外で食べるときは別なものを食べるので、ラーメンを食べなかったに過ぎない。
 今回行った店は、札幌らーめん「北の大地」。
 ここの経営者はわたしの碁友である。碁はわたしの方が少し強いと思う。その碁友はこの日は休みであり、若い男たち三人で営業していた。
 基本的にラーメンの専門店。各種のラーメンがあるが、それ以外は無いに等しい。酒類もビールだけ。
「札幌ラーメンと銘打ったのはうちが最初じゃないかなあ」それだけに経営者のラーメンにかける想いは熱い。先日、その話を聞く機会があった。出汁の取り方から具まで、北海道に拘っている。
 この日わたしは醤油ラーメンを食べた。一番普通のラーメンだ。出汁が濃厚な美味いラーメンだった。わたしが前に食べた普通の街のラーメンとは別物。次回にはその他のラーメンを試してみたい。
posted by たくせん(謫仙) at 10:49| Comment(8) | TrackBack(0) | 山房筆記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月30日

甘利俊一さん文化勲章

甘利俊一さん文化勲章

 今日の新聞で、甘利俊一さん(83)に文化勲章が贈られると発表された。おめでとうございます。
 甘利さんは、東大名誉教授で、理化学研究所栄誉研究員。そしてわたしの碁友であり、毎月2〜3度碁席をともにしている。わたしより強い。アマ六段くらいである。
 脳科学と情報科学の二分野の研究者であり、海外では別人と思われたこともあったという。現在AIが急速に発展していて、特に囲碁界では人を超えたと、注目されている。
 
 このAIの基になった研究者であり、大げさに言えばAIの生みの親である。
 2年ほど前に、英語で本を書いたが、去年今年と印税が……、と言うと堅いお人のようだが、いつもニコニコしている、気さくな方で、知らない人は気づかない。
 先日帰国したアメリカの青年が、帰国のとき甘利さんを検索して「大変な人だった」とびっくりした話もある。
 わたしは二つの碁会に参加していたため、甘利さんの碁敵となった。
 この甘利さんと先日ある会話をした。

 AIが発達し、家中の家電やら何やらが、全部AIで動くようになると、生活がしにくくなりそう。
 どれかが故障を起こす度に、自分では処理できなくて、大騒ぎになるのでは。
 便利になるのか、不便になるのか。

 もちろんその頃には、そのことも工夫されるだろうが、こんなことを甘利さんに言われると、不思議な気がする。
posted by たくせん(謫仙) at 09:56| Comment(0) | 山房筆記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月04日

円通寺

円通寺(えんつうじ)

 東京都荒川区南千住にある曹洞宗の寺院。あまり知られていないが、無名でもない。
 791年に坂上田村麻呂将軍によって開かれ、八幡太郎義家が再建した、と伝わる。

   IMG_3843.JPG
 門前からも見える観世音菩薩が古い寺にしては珍しい。
 仏塔のような外観が異彩を放っている。

IMG_3845.JPG IMG_3841.JPG
史跡
 彰義隊士の墓、旧上野黒門、小塚原旧跡。
 わたしは黒門があるので見に行った。
 本来は百観音で知られていた。ただし、安政の地震で観音堂が倒壊、現在は三十三体が本堂にあると言う。それは見なかった。

IMG_3848.JPG
 黒門
 これは上野寛永寺の総門であった。寛永寺は上野公園のほぼ全域を境内としていた。その南の正門で、官軍と彰義隊の激戦の中心となったところだ。
 冠木門であり、正門にしては質素な作りである。

IMG_3849.JPG
 たくさんの弾痕がある。

IMG_3853.JPG
 戊辰戦争は鉄砲の戦争であり、弾丸の量が勝敗を分けた。

IMG_3852.JPG
荒川区指定の有形文化財となっている。

IMG_3854.JPG
 裏側

IMG_3857.JPG
 八幡太郎義家が、奥羽征伐のとき、賊の首48をここに埋め、四拾八塚を築いた。
 それでこの辺りが小塚原と呼ばれるようになった。
 石造七重の塔には銘があり、現存する荒川区最古の石文である。遠くて判らなかった。

IMG_3860.JPG
 元からの石像か?

IMG_3862.JPG
 円通精舎、榎本武揚の書。

IMG_3864.JPG
 黒門とその後ろの彰義隊士の墓などは大きく囲われている。
 中に入る。

    さかるほと 見あける人や ふちの花

 と読めたが? (2字目自信なし)

IMG_3865.JPG
 曼珠沙華

IMG_3870.JPG
 自然に傾いたのか?

 慶応四年(1868)五月十五日に戦死した彰義隊士の遺体が放置されていたのを、円通寺の二十三世「大禅佛磨大和尚」が、上野に行って斬首覚悟で供養した。拘束の後、埋葬の許可が出た。
 これが縁で、明治40年10月に、帝室博物館より黒門が円通寺に贈られた。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 余録
 東京オリンピックの前の年(1963)、吉展ちゃん誘拐殺人事件があった。
 2年3ヶ月後、埋められて白骨化した遺体が円通寺で見つかった。
 その供養のため、「吉展地蔵」か建立されている。

    IMG_3855.JPG
 古い写真とは異なるので2代目の像か
posted by たくせん(謫仙) at 07:26| Comment(0) | 山房筆記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月13日

新林公園


 藤沢駅の近く、駅から歩いて20分ほどのところに、新林公園(しんばやしこうえん)がある。
 行ったのは12月23日、天気予報は曇りだが、時々小雨が降る日であった。

IMG_2226.JPG
 ここだと普通の公園に思え、大きさが実感できないが、遠くに見える山も公園の一部だと言えば、大きさに驚かれよう。ゆっくりと山道を一周すれば一時間。散歩コースにしては少しきつい。

chizu.jpg
 歩いた順は 1→ 3→ 5→ 湿地帯→ 川名大池→ そのすぐ左の一周路→ 山道登り口→ 鉄塔→ 15→ 12見晴台→ 9→ 8→ 7→ 5

enkei1.jpg
 この鉄塔のある山が公園の一部である。

IMG_2228.JPG
 まず目に入ったのが、この古民家。藤沢市内柄沢村の名主の住宅で、旧小池邸。朝早くまだ門は閉まっていた。あとで細かく説明する。

IMG_2234.JPG
 小さな湿地帯を抜ける。湿性植物区。

IMG_2232.JPG
 川名大池。周囲は立ち入り禁止であり、こうして見るのも壁の覗き穴から。
 この奥は上から見るとかなり深い谷である。

IMG_2235.JPG
 坂道の小さな谷を一周する。一面シダばかり。一度下に下りて、あらためて山登りをする。

IMG_2237.JPG
 急な山登りが結構長い。公園内の山道と馬鹿にしてはいけない。尾根や山稜のアップダウンの連続で、何度も休んだ。

IMG_2238.JPG
 鉄塔のある峰から降りて周回コースに入る。

IMG_2240.JPG
 きれいな紅葉に出会えた。雨が降ってきたので、写真は少ない。

IMG_2250.JPG
 ここに下山した。急な坂道である。先に紹介した旧小池邸の裏側に降りた。

IMG_2251.JPG
 旧小池邸に裏から入る。
 
IMG_2249.JPG
 この日は週に一度屋内をいぶす日で、裏側は戸が閉まっていた。
 人が生活していれば日々の煮炊きがあるが、今は保存のため薪を燃やしている。

IMG_2252.JPG
 藤沢市内の柄沢村にあった小池邸を文化財として保存のため1983年に移築した。
1999年に市指定重要文化財に指定。
 もとは1841年(天保12年)に建てられた。移築に当たっては、ほとんどの木材はそのまま利用したという。

IMG_2253.JPG
 この庭や門などは、再現されたものではない。往時はどのようだったか、管理していた人も判らないという。
 この家の右手には、倉庫や下男の部屋があったが、それは復元しなかった。復元するには右の山を削らなければならない。
 この日は入山者‥‥ではなく入園者が少なかったが、晴れていれば賑わいそうな雰囲気だった。
posted by たくせん(謫仙) at 09:00| Comment(0) | 山房筆記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月19日

亀戸天神

 亀戸天神に初めて行った。藤の花で有名だが、天神社なので梅もあるはず。
 わたしが行ったのは神無月、当然だが藤の花も梅の花もない。一ヶ月以上たって写真を整理したとき、わたしの誕生日だったことに気づいた。
 菊まつりもあるので、今ならギリギリ間に合うか。行く気が沸かないが。
 天神社といえば九州太宰府天満宮だが、亀戸天神は東宰府天満宮といわれていた。現在は亀戸天神社が正式な名称である。

IMG_20181016_1.jpg
 亀戸駅から、亀戸梅屋敷まで行き、左に折れて亀戸天神通りを亀戸天神入り口まで、七百メートルくらいか。そこからすぐ前にこの鳥居がある。

IMG_20181016_2.jpg
 この朱塗りの太鼓橋は江戸時代から変わらず。浮世絵にもある。
 こちらは男橋。社殿の手前にもあって、そちらは女橋。

IMG_20181016_120620.jpg
 橋の向こうは池に囲まれた島になっていて、藤棚多い。

IMG_20181016_120804.jpg
 社殿は思っていたより大きかった。

IMG_20181016_121155.jpg
 境内には中江兆民の碑もある。
 中江兆民を調べてみたが、亀戸天神との縁は不明。

IMG_20181016_121401.jpg
 紅梅殿、天神様なので、梅は必須だ。

IMG_20181016_121700.jpg
 入り口近くの灯籠、中途半端な位置だ。棚のせいかな。
 ここからはスカイツリーも遠くない。
posted by たくせん(謫仙) at 08:16| Comment(0) | 山房筆記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月13日

金庸さん死去

 10月30日に、金庸老師が亡くなった。享年九十五、九十四歳であった。
 もう二週間もたってから知った。このことから判るように、わたしは生のニュースに疎い。
 二十年ほど前に金庸(本名:査良縺jの武侠小説を読み、のめり込んだ。その後も繰り返し読んでいる。現在、書剣恩仇録を読んでいるが、5度目である。金庸ドラマのDVDも集めた。
 杭州に近い海寧が生地であり、香港で活躍した。
 私たちは岡崎由美先生と一緒に、海寧の生家に行ったこともある。
 執筆の期間は意外に短い。1955年に『書剣恩仇録』を発表し、1972年に『鹿鼎記』を書いて断筆した。いろいろな人物や恋愛を書き切って、重複させないという。
 他の武侠作家は、架空の王朝で架空の話を書く。金庸は史実を巧みに取り入れて、歴史小説のように書く。
 長編12、中編2、短編1。全部で15編の小説を書いた。
 日本では岡崎由美先生を中心に翻訳し、全55冊になる。このブログでも書庫で紹介している。

 残り1冊分の翻訳原稿があるが、発表される機会はなさそうである。それは鹿鼎記の前章であり、金庸先生の祖先が「文字の獄」にあって、壊滅的な打撃を受けた話である。
 清の雍正帝の時代、科挙の試験に「詩経」から「維民所止」が出された。これが雍正帝を呪っているという。「雍正」という二文字の頭である「亠」と「一」切っているというのだが。
 小説の執筆以外にも、いろいろと活躍した。
 ご冥福を祈る。

 わたしは武侠ファンと思うが、金庸を離れると、好きというわけではない。思い入れはない。だからわたしは金庸ファンであって、武侠ファンではないのかもしれない。
posted by たくせん(謫仙) at 10:55| Comment(0) | 山房筆記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月15日

山本邸

山本邸

 柴又帝釈天の後方、江戸川の近くに、旧山本邸がある。
 大正末期に、故山本栄之助氏の住居として建てられた。増改築している。
 葛飾区が昭和63年に買い取り、平成3年4月から一般公開された。
 和洋折衷の建築というが、基本的には和風である。現在は葛飾区の登録有形文化財に指定されている。

   案内図 山本邸サイト
 

 参考図  P6039851.JPG

   
P6039872.JPG
 入口であるが、本来は裏口である。案内図では右下。

P6039873.JPG
 左が茶室、右が本邸
 ここを通って右に行けば旧玄関から長屋門に至る。案内図の長屋門は位置が違うので注意。
 わたしは先に本邸を見学した。見学順とは逆になるが長屋門から紹介。

P6039878.JPG
 長屋門、ここが正門であった。入ると正面が玄関である。

P6039877.JPG
 旧玄関。閉まっているが、なかには人力車が置いてある。

P6039875.JPG
 旧玄関に向かって左側は日本庭園である。この門は日本庭園の門。

P6039874.JPG
 鳳凰の間(応接室)の外側にはこの庭が広がる。

 邸内に入る。

P6039857.JPG
 玄関の間。閉じられている旧玄関から入ると、正面にこの花菖蒲の絵が目に入ることになる。

P6039856.JPG
 鳳凰の間。山本亭唯一の洋間であり、応接室である。

P6039855.JPG
 ここが玄関前の日本庭園の入り口。
 以下、左から順にみていく。

P6039870.JPG

P6039860.JPG

P6039862.JPG

P6039863.JPG

P6039865.JPG

P6039871.JPG
 受付の隣の部屋、四方を廊下に囲まれている。
 
 この日は琴の演奏があった。抹茶をいただきながら聞くことができた。いろいろと催し物が計画されている。
 なお、茶室は借りることかできる。
posted by たくせん(謫仙) at 13:28| Comment(2) | 山房筆記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月21日

柴又帝釈天

柴又帝釈天
久しぶりに柴又の帝釈天にお参りした。
経栄山題経寺(きょうえいざん だいきょうじ)という。
江戸時代初期の1629年創建。
日蓮宗の寺である。司馬遼太郎は「法華経とは愚にもつかぬ教典であるが、……」 と言っていた。わたしと同じ考えだ。ただし、信仰と教典は別物である。わたしは法華経の信者に対して、尊敬も侮蔑もしない。宗教活動は他の宗派を攻撃しない限り尊重する。
  参考 司馬遼太郎と法華経
 わたしは、我が家の先祖代々の寺の、宗派の経典を読んだことは、一度もないのだ。それなのに法華経は読んだ。
 だから、信者としてのお参りではなく、観光である。

P6039789.JPG
 柴又駅は、小さな駅である。

P6039787.JPG
 駅舎にはツバメの巣がある。注意書きもあった。

P6039792.JPG
 なんと言っても柴又は「男はつらいよ」の寅さんである。
 毎回、騒動を起こしては、柴又に居られなくなって出ていく寅さん。このシーンは何度見たか。

P6039791.JPG
 寅さんをひとりで見送る、妹のさくら。
 本当の主人公はさくらではないか。団子屋の店員として、妹として、主婦として、母親として、一家をなんとか結びつけていた。上手くいかなくても絶望せずに、毎回こうして寅さんを見送っていた。

P6039796.JPG
 帝釈天の参道は、いつも人が溢れている。

P6039797.JPG
 私 生まれも育ちも
 葛飾 柴又です
 帝釈天で産湯をつかい
 姓は車 名は寅次郎
 人呼んで
 フーテンの寅と発します
   山田洋次

P6039800.JPG
 二天門
 参道途中の写真はなく、門前に着いてしまった。
 あとの二天は帝釈堂の中。四天王は須弥山の四方を守る。

案内図
 適当な案内図がないので、帝釈天の案内図を紹介。
 左上の駐車場が、元ルンビニー幼稚園の跡。ルンビニー幼稚園は近くに移った。

P6039803.JPG
 瑞龍松と帝釈堂。帝釈堂には内殿が続く。
 二方に延びた枝の長いこと。

P6039804.JPG
 大鐘楼。映画ではなんども出てきた。ここに寺男の源さんがいた記憶がある。

P6039808.JPG
 祖師堂(本堂)。元帝釈堂だったが、江戸時代に移築した。

P6039809.JPG
 釈迦堂

P6039812.JPG
 塔供養の図 金子光晴作
 帝釈堂内殿の外側には大きな10枚の彫刻が並んでいる。そのうちの2枚を紹介。小さい彫刻は数え切れない。

P6039813.JPG
 三車火宅の図 木嶋江運作
 10枚は大正から昭和初期にかけて彫られた。このため、柴又帝釈天は彫刻の寺としても知られている。
 案内図の喜見城は内殿も含めた帝釈堂の別称か。
 喜見城とは、須弥山の頂上中央にある帝釈天の住まいである。善見城とも。

P6039838.JPG
 邃渓園(すいけいえん)
 永井楽山 作

P6039840.JPG
 なかなかに趣のある庭園である。屋根付きの回廊が一周している。
 
P6039841.JPG
 回廊を通って、反対側に来ると池がある。

P6039834.JPG
 回廊を一周した。

P6039849.JPG
 帝釈天附属 ルンビニー幼稚園
 初めて帝釈天に来たときは、回廊の後ろにあって、回廊から見えた。いまは少し離れた場所に引っ越していた。
 なお、ルンビニーとはゴータマ・シッダッタ(釈迦)の生誕の園地である。

P6039850.JPG
 幼稚園の生け垣、なんだろう。柏(コノテガシワ)と思ったが、断言できない。
posted by たくせん(謫仙) at 10:14| Comment(0) | 山房筆記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月07日

へび道と谷中銀座

へび道と谷中銀座

 地下鉄千代田線の千駄木駅の近く、千代田線の東側にほぼ並行して、へび道と呼ばれる細い道がある。なんとか車一台が通れる程度の道幅である。
 根津神社に躑躅を見に行き、その帰りに日暮里まで散歩した。

2017.5.5.3.jpg
 根津神社の北口から東へ向かって不忍通りを横切り、200メートルほどで、へび道に至る。ただし直線ではない。

P4198320.JPG
 この角に来た。振り返ったところ。
 ここから蛇のようにくねくね曲がった道が続く。

P4198322.JPG
 道は曲がって見通しはきかない。住宅街なので(といっても、しゃれた店などあります)、写真はこの2コマだけにする。
 この道は藍染川という川であった。大正10年(1921)に暗渠にされた。今でも下には流れているらしい。
 へび道が終わって、その延長の広い道をさらに進むと、急に外国人(と思える人)が多くなった。

P4198323.JPG
 まもなく、谷中銀座の道にぶつかる。

P4198324.JPG
 この狭く短い160メートルほどの商店街が、なんと国際色の豊かな街であることよ。多くの人が食べ物を持って歩きながら食べている。まるでお祭りのようで、不作法には見えないのだ。

P4198325.JPG
 「夕焼けだんだん」と言われる階段。
 この階段を上れば、まもなく日暮里の駅である。

P4198326.JPG
 谷中銀座を見下ろす。ここから日暮里駅まで300メートルもない。
posted by たくせん(謫仙) at 09:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 山房筆記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月15日

血糖値スパイク

血糖値スパイク

 10月8日にNHKで、血糖値スパイクという問題を取り上げていた。糖質食を摂ると、その後一時的に血糖値が上がる。
 人によっては上がりかたが高すぎる。これを血糖値スパイクという。様々な病の原因になる。その可能性のある人は日本で1400万人ともいう。

 食事を食べたすぐ後の短時間にだけ、人知れず血糖値が急上昇し、やがてまた正常値に戻る。それが、「血糖値スパイク」。食後時間がたった状態で行われる通常の健康診断では、見つからないことも多い。ところが最新調査で、なんと1400万人以上の日本人に「血糖値スパイク」が生じている可能性が明らかになってきた!


 わたしは「血糖値スパイク」のことについて知識はあった。だがその問題性についての認識が薄かった。
 主食をやめると健康になる で血糖値急上昇の説明があったのだ。その本は糖質制限食ダイエットを中心としていた。
 だが、まるで糖質食が問題のような書き方と、前後矛盾する書き方に疑問が生じていた。そのため、血糖値スパイク(その本では血糖値スパイクとはいっていなかったと思う)のことは判っても、問題を甘く見ていた。
 そのとき、いくつかの疑問点を書いた。
 7月6日の「ガッテン」でも糖質制限食をとりあげていて、一応納得した。
  参考 糖質制限食

 しかし、今回の放送で、糖質食が問題の人は一部の人だけで、大部分の人は該当しない、といっていたので、ようやく納得できたのだ。
 たとえば「3.米を主食とする日本食はヘルシーといわれているが、この定説を覆せるか。」など。多くの人にとって定説は正しい。問題は一部分の人なのだ。
「主食をやめると健康になる」のは一部分の人だ。問題はこの一部の人がなんと、1400万人もいるらしいことだ。
 わたしも他人事ではない。おそらく今までの情報でも、気をつけてみれば、一部の人と言っていたかもしれない。わたしの勝手な思い込みがあったかもしれない。
 納得できれば対策も考えられる。すっきりした。

    参考 “血糖値スパイク”危険度チェック!
posted by たくせん(謫仙) at 07:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 山房筆記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月15日

トリックアート美術館

トリックアート美術館

 8月11日、山の日である。
 高尾山のビアーガーデンに行くことになった。4時に京王線高尾山口に集合予定である。
 はじめ、山に登りビアーガーデン前で待つ予定でいたが、時もときなので、満員の可能性もある。そのときは場所の変更も考えられるので、駅前に集合することにした。
 地図を見ていたら「トリックアート美術館」がある。2時過ぎに高尾山口に到着し、美術館に入ることにした。

P8117598.JPG
 氷川神社の鳥居の向こうに美術館が見えた。背中の方には駅があり、駅の向こうに氷川神社がある。

P8117596.JPG  横800ピクセル
 入り口は上の写真の中央近く、像の下あたり。右の方の二階はオープンカフェテラス。
 左の方へまわったため、シャッターもしまっており、休業中かと思わせる。

P8117634.JPG
 右の方へ行くと、最初のトリックアート。今ではどこまで本物だったか、覚えていない。この日は曇り空だったことを覚えている。この少し右に入り口がある。そこから階段を上がる。
P8117631.JPG
 階段を上がると、正面に絵を描いている人…、

P8117632.JPG
 入り口に到着、両脇の照明には影がない。右は自動販売機。テラスの方になる。
 以下、説明は省きます。どこが本物でどこがトリックか、あなたの眼力をためしてください(^_^)。 (わたし自身が判らなくなっている)

P8117601.JPG

P8117603.JPG

P8117605.JPG

P8117606.JPG


P8117608.JPG

P8117609.JPG

P8117610.JPG

P8117613.JPG

P8117614.JPG

P8117618.JPG

P8117619.JPG

P8117620.JPG

P8117621.JPG

P8117624.JPG  P8117624-2.jpg

P8117625.JPG

P8117626.JPG

P8117627.JPG

 最後にテラスで、熱いコーヒーを飲んで集合場所に向かった。
 正味一時間。時間があればもう一回りしたかった。
posted by たくせん(謫仙) at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 山房筆記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月17日

糖質制限食

糖質制限食

 7月6日NHKの「ガッテン」で糖質制限食を取り上げていた。

 糖質を半分程度に減らして、タンパク質や脂質を増やしなさい。
 糖質も重要なのでカットしてはいけない。糖質を減らしても、タンパク質や脂質を増やして、糖質の減った一部分を補うのだ。そうして全体で摂取カロリーを減らす。
 糖質を半分程度にとは、日本人の平均の摂取カロリーは2000カロリーで、タンパク質15%、脂質25%、糖質(炭水化物)60%、ということをふまえている。この60%を半分程度にといっているのだ。30% 600カロリーか。
 同時に、過ぎたるは及ばざるが如しで、制限しすぎて体調が悪化した例もいくつか。

 タンパク質や脂質をしっかり食べると、満腹中枢を刺激する物質が分泌さるので、食べ過ぎない。
 糖質は食後に空腹感を刺激する物質が分泌されやすいので、おなかがすきやすい。


 前に糖質制限食について書いた。そのとき5つの疑問を書いた。
     参考 主食をやめると健康になる
1.わたしは、「必要とするカロリーより多く摂れば太り、足りなければ痩せる」と思っている。肉食で摂りすぎたカロリーはどうなるのか。
2.俗に肉食といわれるアメリカ人の多くが太りすぎなのは説明できるか。
3.米を主食とする日本食はヘルシーといわれているが、この定説を覆せるか。
4.米はアメリカなどでダイエット食として食べられていると聞くが、それは間違いか。
5.著者本人がこれで、糖尿病を克服しダイエットに成功したというが、個別な例を一般化していないか。因果関係は確定したか。
 など。

これに対して、
1.肉食は満腹感を得やすいので、摂りすぎない。全体としてカロリーが減る。
 決していくら食べてもよいと言っているのではない。これにはガッテンガッテン。
5.インターネットアンケートだが、1179人中764人がダイエットに成功という。インターネットアンケートなので信憑性は低いが、糖尿病系統の人ばかりでなく、一般の人でも、かなりの確率で成功していることがうかがえる。因果関係も確定したといえるようだ。

 2.3.4.については言及していなかった。推測すると。
 本来の食習慣が異なる人には、同列に扱えない。
 もともと健康状態の人には、糖質制限食は不必要だ。
 制限しすぎ状態の人には、もっと糖質を摂りなさい、ということだろう。

 番組では、ゲストが酒については、蒸留酒は糖質がないが、醸造酒は糖質があるので控えよ。ビールは糖質のない発泡酒があります、と言っていた。醸造酒といえば酒(日本酒)や紹興酒やワインだが、それには言及していなかった。遠慮があったのかな。
 テロップでは「ビールなど…」とゲスト発言対して「など」を追加し、ビール以外にも醸造酒があることを示していた。わたしはこの番組の情報を信用しているので、きちんと言及して欲しかった。
 念のためにいうと、わたしが飲んでいるヱビスビール350ミリでは、糖質3グラムで42kカロリーとある。糖質に関しては、全く問題ないレベルといえるのではないか。
posted by たくせん(謫仙) at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 山房筆記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月06日

Igo Classic

6月3日に Igo Classic 囲碁×音楽の輪舞曲 を聞きに行ってきた。
企画した村田真生さんは碁友。千寿会会員である。
この会はユーチューブでも放送され数万人が見ていたという。
7月3日には、NHKの囲碁フォーカスでも取り上げられた。
Igo Classic で動画あり。 http://www.goandmusic.com/
キーボードが村田さん。碁は中学生の時、3年間で6段(アマ)になったという。
その後演劇や音楽の道を進み、いまは作曲編曲家として、活躍中である。
わたしは音楽の道は暗いので、そのレベルは判らないが、碁のレベルなら判る。わたしには手も足も出ない(^_^)。
こう書くと年配のようだが、まだ25歳の青年である。
posted by たくせん(謫仙) at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 山房筆記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする