2015年04月01日

六義園 1

六義園は国指定の特別名勝
入場料金 一般は300円、65歳以上は150円
開園時間 9時から5時

 山手線の駒込駅から近いのであるが、入り口は南側になるため500メートルほど歩く。
 写真は去年の4月17日に撮影したもの。ようやく整理ができた。時期もいいので、ここに載せる。

004.JPG
 山手線では、ホームドアを設けるようになった。あちこちで見るが、わたしはこのときに駒込で見たのが最初であった。今までは見落としていたか。

地図は大きくて右の文字に重なってしまうので、サムネイルにする。
rikugienchizu.jpg
 地図の左右が約350メートル。なお、地図では蓮莢島となっているが、説明では蓬莱島であり、蓮莢は誤り。
 駒込駅から、染井門は近い。しかし染井門からは入れず、正門から入ることになる。

005.JPG
 染井門

006.JPG
 本郷通りを南に歩き、スーパーの角を曲がると、煉瓦塀の六義園正門が見える。

009.JPG
 正門。ここから入る。
 六義園は元禄15年に柳沢吉保によって下屋敷として造営された庭園だが、明治になって財閥岩崎家のものとなる。さらに拡大し、面積は約396,000平方メートルにもなった。現在は87,809平方メートル。4倍以上あったことになる。
 第二次世界大戦後に、この煉瓦塀が管理用に構築された。もっとも岩崎時代にも煉瓦塀があったという。

013.JPG
 内庭大門
 正門から入るとすぐにこの内庭大門(ないていおおもん)を通る。東京市によって再建された門。いつかは書いてない。昭和13年に岩崎家から東京市に寄贈されたので、その後ということになる。

014.JPG
 内庭大門を入るとしだれ桜の大木、咲いたときは見事であろうと思わせる。このあたりに岩崎家の御殿があった。

018.JPG
 出汐之湊(でしおのみなと)あたりから、田鶴橋が見える。

019.JPG
 田鶴橋の方向。園内は大木が多い。

020.JPG
 左の方を見る。

021.JPG
 後ろ、心泉亭の方を見る。
 ここから池のまわりを反時計回りに歩く。

続きます。
posted by たくせん(謫仙) at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 探花・探鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月05日

浅草寺の菊花展2

浅草寺の菊花展2

 久しぶりの浅草寺、電車で浅草まで、目的は菊花展だった。朝早かったので、多くの店は閉まっている。

PB027100.JPG
 木の葉も色づいている。この宝蔵門をくぐれば本堂前で、右側に菊展示場がある。

PB027102.JPG
 各種の菊で箱庭。規模は小さいか。

PB027103.JPG

PB027105.JPG
 久しぶりにカメラを手にしたので、絞りなどすっかり忘れている。
 デジタルになって、絞りやシャッタースピードなどほとんど気にしなくなった。

PB027106.JPG
 五重塔の前には懸崖。

PB027107.JPG
福島県の二本松菊栄会の奉納。大花の懸崖。小花の懸崖はよく見るがこれだけ大きいのは珍しい。

PB027124.JPG
 展示場はここのみ。記憶ではこのような柵が4〜5柵(助数詞はこれでいいのかな)あった。今年は少ないのか。

PB027116.JPG
 厚物(あつもの)。この形の大輪の花が多かった。この色は陰影があって、形が出やすい。逆に白い花は形が判りにくい。

PB027117.JPG

PB027118-1.jpg

PB027115.JPG
 厚走り、と思われる。厚物の下に足が伸びたような形。

PB027114.JPG
 形の名前がわからない。古典菊か。

PB027119.JPG
 管物(くだもの)

 PB027121.JPG
 一文字
 一重咲き。この花は、紙皿の上に花片を並べたようだ。好みではない。

PB027120.JPG
 普通、花の区別は生物学的な区別でする。キク科キク属イエギクといったように。
 しかし、園芸の菊は形で分類する。鑑賞するにはそれで十分だが、種としてはおなじなのかな。
 世界ではキク科の植物は2万種以上あって、日本には350種とか。
posted by たくせん(謫仙) at 13:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 探花・探鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月04日

浅草寺の菊花展1

06.11.24 記

 浅草寺の境内で、毎年秋が深くなると菊花展が開かれる。11月の9日(1日だけではない)、暦の上ではもう冬だが、菊は旬である。
 九月九日、重陽の節句が菊を愛でる日で、中国では菊酒を飲み長寿を願った。日本では新暦の九月九日はまだ夏日。旧暦の九月九日になって明らかに秋だが、まだ菊の花には早いだろう。
     k-045.jpg
このように花を並べてあるため撮しにくいが、代表的な三種を撮ってみた。ご笑覧願います。
 株毎に○○壱等などという名入りの札がかかっている。

     k-049.jpg
     厚物
 大きく盛り上がるのがよいとされている。これにも変種というか、下の方が広がっているのがある。黄色だが、白も多い。
 
     kk-044.jpg
     管物
 園芸種の極みと思える。長い花びらは支えがないと形を保てない。太管・細管など、これは細管。

     k-053.jpg
     懸崖
 小菊を大量に咲かせ、形を整えた物。今回は見るほどのものはなかった。

    ????D????D??41.jpg
 これは2年前の浅草寺の菊花展での懸崖。

     k-059.jpg
 ちょっと離れたところに、庭園ふうにそろえている。意外に見る人は少ない。

     k-056.jpg
 五重塔、浅草で見たという証拠写真です(^。^))。
 この五重塔と本堂は地下で結ばれているが、地下道はどこを通っているかは秘密。
posted by たくせん(謫仙) at 08:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 探花・探鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月20日

旧古河庭園 3

日本庭園2

chizufurukawa.jpg

 一度上(北)の西洋庭園に戻り、バラ園の方から日本庭園に下る。

P5047015.JPG
 黒ボク石積
 富士山の溶岩で軽くて加工がしやすい。山の雰囲気を出す。このような石垣状のものは珍しいという。「ボク」はどんな字だろう。
 西洋庭園と日本庭園の境になる。

P5047016.JPG
 兜門、屋根のこちら側に唐破風のような切り込みがある。この外側は馬車道。

P5047018.JPG
 この形は初めて見た。
 ここから馬車道を通って裏門へ行く。

P5047020.JPG
 これが一番の大木かな、あまり大木のない庭園だった。
 梅林では梅の実がなっていた。

P5047023.JPG
十五層石塔

P5047026.JPG
裏門(染井門)であるが、通常は閉鎖。

P5047028.JPG
 池からわずかに流れ出ている。

P5047029.JPG
 この雪見型灯籠が、池の主のように目立つ。

P5047031.JPG
 奥の院型灯籠、春日大社の奥の院にあるものを本家として発達した形。
 遠くて判らなかったが、独特の彫刻があるらしい。

 池を一周し大滝の前まで来た。
 石橋を渡って島に行く。

P5047040.JPG

P5047041.JPG
 雪見型灯籠を島の側から。

P5047045.JPG
 雪見型灯籠の後ろは枯山水。その後ろの高見は見晴台になっている。
 そこの十五層石塔は前に見たものを反対側から。

P5047048.JPG
見晴台といっても形だけ。庭園の見立てに近い。

P5047052.JPG
 濡鷺型灯籠
 笠が厚くそりがない。鷺の絵があるらしいがはっきりしない。

P5047056.JPG
 渓谷を模写したという。 
 
 多くの橋が石橋であり、あちこちに大きな石が使われている。石灯籠も大きい。
 道も飛び石が多い。大石の目立つ庭園であった。
posted by たくせん(謫仙) at 08:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 探花・探鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月16日

旧古河庭園 2

都立旧古河庭園 日本庭園

P5046980.JPG
 洋風庭園の外れに日本庭園と西洋庭園の展望台がある。

P5046982.JPG
 日本庭園の一部が見える。この道を降りた。

P5046985.JPG
 大滝、高低差20メートルと言うが、その半分ほどにしか見えない。

P5046987.JPG
 心字池、この池を中心にしている。水はきれいとはいえない。流れる量が少ないためか。

P5047037.JPG
崩石積、京都で発達した伝統的な工法という。他では見た記憶がない。気がつかなかっただけで、見慣れているかもしれない。

P5047036.JPG
 こう見るとどこにでもありそうな感じが出ている。

P5046991.JPG
 茶室、けっこう込んでいた。

P5046997.JPG
 茶室の入り口。上の写真とは反対側から。

P5046996.JPG
 若葉の一番美しい時期だ。
 大滝と茶室のあたりを一週した。

     続く
posted by たくせん(謫仙) at 06:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 探花・探鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月14日

旧古河庭園 1

国指定名勝 都立旧古河庭園
 京浜東北線の上中里駅から10分もかからず、旧古河庭園につく。

P5046973.JPG
 5月4日、みどりの日であったので無料で開放されていた。
 10月1日都民の日も無料で開放される。

chizufurukawa.jpg
 地図では上が南側、南北約260メートル、東西約170メートル。裏門のあたりが不自然な形をしている。
面積30,780平方メートル
  大正8年、古河氏により、作られる。(表の説明では大正6年、竣工とある)
  昭和30年、東京都の管理となる。
  昭和57年、東京都文化財に指定される。
  平成18年、国の名勝に指定される。
 こう見ると庭園としてはかなり新しい。
 特徴としては、北側に洋館を建てその周りは洋風庭園とし、南の低地は和風庭園としていること。
 この庭園はもと明治の元勲・陸奥宗光(天保15年7月7日(1844.8.20)−明治30年(1897.8.24))の邸宅だったという。次男が古河家の養子になった時、古河家の所有となった。
 その後、古河虎之助が隣接地を買収して、今のような庭園にしたのが大正8年と言うことか。

P5046981.JPG
 洋館は石造り、この日は披露宴が行われていて、中に入ることはできなかった。
 中を見学するには、事前の許可が必要だ。往復はがきで申し込む。

P5047001.JPG
 洋館の前は広い芝生。

P5047000.JPG
 木の植え方も洋風。

P5046983.JPG
 左の方が日本庭園に続く。ちょうどツツジの見頃であった。

 洋館の周りはバラも多い。バラの名所になっている。
P5047003.JPG P5047006.JPG

P5047011.JPG P5047009.JPG

P5047010.JPG

P5047008.JPG
 ツツジもある。全体を楽しむようだ。一本ずつの差は気にしない。

P5046993.JPG  P5046994.JPG

P5046995.JPG
 書庫であった。頑丈な作りである。しかも少し離れた目立たないところにある。

P5047058.JPG
 西門の方から、こちら側が表玄関(?)。
posted by たくせん(謫仙) at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 探花・探鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月15日

カメラ散歩 春の花

 竹ノ塚駅から北へ埼玉県の県境に近く清掃工場がある。
 その近くに小さいながら桜の公園がある。

P4016760.JPG

P4016761.JPG
 伊興公園
 足立区の清掃工場の脇にある小さな公園。隣は東伊興生活館という子ども向けの学習施設。子連れの花見によさそう。

 毛長川沿いに西へ歩く。

P4016767.JPG
 キンクロハジロ
 毛長川は20年前はどぶ川だったが、今では嫌な臭いもなくなり澄んだ水が流れている。川底が黒いので判りにくい。こうして鴨が泳いでいたりすると、きれいになったことを実感する。

P4016769.JPG
 散歩道も快適

P4016770.JPG
 木瓜も満開。

P4016775.JPG
 桃らしいが、確認せず。

P4016776.JPG
 連翹は黄色で目立つ。

P4016784.JPG
 毛長緑道は短いが歩きやすい道だ。

P4016788.JPG
 日暮里舎人ライナーの終端

P4016789.JPG
 日暮里舎人ライナーの終点、まだ一度も乗ったことはない。

P4016790.JPG
 見沼代親水公園は小川に沿った2キロほどの道状の公園だ。詳しくは次へ
 参考 雲外の峰 見沼代親水公園(上)

P4016799.JPG
 はんのき坂近くから南へは桜のトンネル、自動車道路なので花見とはいかないが、自動車は少ないので、様子を見て道の真ん中から。インターネット検索は「西伊興桜並木」で。
 バスの便もあるが、わたしは利用したことがないので案内できない。
posted by たくせん(謫仙) at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 探花・探鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月08日

舎人公園の早咲き桜

 まもなく桜が開花するころ舎人公園のカメラ散歩。
 桜の開花予報はソメイヨシノの話。種類によってはあちこちで咲いている。
 この公園は新しいので、桜の木もまだ若い。数年前まではこの公園には桜がないと思っていたほど。まだ桜の名所にはでてこない。

IMG_0407.JPG
 河津桜、早咲きの桜として知られているが、まだ咲いていた。
 
IMG_0411.JPG
 河津桜は赤みがある

IMG_0431.JPG
 右上の盛り上がった石から水が湧き出し、この小川に流れて池に注ぐ。

IMG_0432.JPG
 この日は暖かかったので、花見に繰り出す人もいたが、ほとんどの人はカメラ散歩の人であった。

IMG_0433.JPG
 緋寒桜は赤みが強く、目につきやすい。

IMG_0435.JPG
 修善寺桜は河津桜に似ていて、説明がないと判らない。

IMG_0442.JPG
 修善寺桜は赤みがあり華やかなイメージ。

IMG_0447.JPG
 水路には水がなく、噴水も止まっていた。

 今回の写真はiPadで撮ったもの。それなりに撮れるが、遠くの景色はつぶれているし、画素数の多い割に鮮明ではない。それでも思った以上に撮れていた。
 一番の問題は、手ぶれをなくすことが難しいこと、次に焦点あわせがやりにくいこと。明るい戸外では、画面が見えないのだ。
posted by たくせん(謫仙) at 18:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 探花・探鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月16日

根津神社7

根津神社(根津権現)

P4165983.JPG
 はじめに戻って、根津神社は神橋から楼門・唐門・拝殿まで一直線に並んでいる。

P4166050.JPG P4166051.JPG
 楼門の左右は北面の武士(朝廷警護)らしき像。
   続きを読む
posted by たくせん(謫仙) at 07:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 探花・探鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月12日

根津神社6

駒込稲荷社

 駒込稲荷社へ向かう。乙女稲荷・庚申塔の方から道なりに行くと、駒込稲荷には横から入ることになる。
 もとは綱重公の邸内社と説明があるので、根津神社より古いことになる。

P4166071.JPG
 こちらは鳥居が少ない。人通りもない。

   続きを読む
posted by たくせん(謫仙) at 07:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 探花・探鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月08日

根津神社5

庚申塔
 乙女稲荷と駒込稲荷の間に庚申塔がある。道の辻にあった物を明治以後道路の拡張などで邪魔になり、ここに集められた。

P4166062.JPG
駒札の説明、よこ1000ピクセル。
詳しい説明はこちらをどうぞ。

P4166063.JPG
 以下、右手へ反時計回りに撮っている。
   続きを読む
posted by たくせん(謫仙) at 08:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 探花・探鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月05日

根津神社4

乙女稲荷

P4165989.JPG
 つつじ苑を出て、小さな鳥居の列に沿って乙女稲荷社へ向かう。すれ違いができないほど小さい。

P4166054.JPG
なんの碑か。

P4166056.JPG
 百度参りのための石か。


P4166058.JPG
 乙女稲荷社は新しそう。祭神は倉稲魂命、「うかのみたまのみこと」と読む。穀物の神である。有名な伏見稲荷の主祭神と同じ。
 根津神社で調べてみても、詳細は不明。

P4166081.JPG
 水路の外側から見る。

P4166059.JPG
 何の碑であろうか。

P4166060.JPG
 乙女稲荷社の先にも鳥居の列。こちらが表参道かも知れず。

P4166061.JPG
 乙女稲荷社の鳥居。
 左にも石の道がある。駒込稲荷社に通じる。二つの稲荷社が根津神社の境内にある。
posted by たくせん(謫仙) at 07:05| Comment(4) | TrackBack(0) | 探花・探鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月01日

根津神社3

つつじ苑2

P4166013.JPG
 いきなり見せられたら躑躅とは思えない。

   続きを読む
posted by たくせん(謫仙) at 07:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 探花・探鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月27日

根津神社2

つつじ苑1

 境内のつつじは、徳川綱重が屋敷の庭に植えたことに始まる。
 今回はつつじの名前があまり出ていないので、説明はヌキにする。うっかり書くと間違った説明をしそうだ。(^。^))

P4165990.JPG
 園内で最初に足を止めるところ。

P4165991.JPG
   続きを読む
posted by たくせん(謫仙) at 09:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 探花・探鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月23日

根津神社1

根津神社へ
 4月16日、地下鉄根津駅で下りて、不忍通りを北西へ三百メートルほど歩く。一番判りやすい道だ。

P4165974.JPG
 つつじまつりの案内に沿って細い道に入る。

P4165975.JPG
 この道を百五十メートルほど歩くと神社の入りになる。 

   続きを読む
posted by たくせん(謫仙) at 08:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 探花・探鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月06日

舎人公園の春

 3月19日、汗ばむ陽気であった。

P3195948.JPG   舎人公園案内図。横900ピクセル。
 右が北。地図と見比べるときは注意。
 右下の幼児公園から入り、大池の脇を通り、お花見広場から連絡橋へ、舎人公園駅まで。

P3195921.JPG
 辛夷の花が目立つ。
 右の方の高みは、地下が日暮里舎人ライナーの車両基地になっている。

P3195925.JPG
 桜の若木が育っていて、一足早く花を広げていた。
    続きを読む
posted by たくせん(謫仙) at 07:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 探花・探鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月28日

西新井大師2

 三月の初めに確定申告に行ったおり、西新井大師に参拝した。

P3055886.JPG
 寒桜が満開だった。この日も目白がいたが、いちども顔を見せなかった。
 
P3055890.JPG

   続きを読む
posted by たくせん(謫仙) at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 探花・探鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

西新井大師1

2010.3.3記
2013.3.28改訂

  確定申告のため西新井税務署まで行った。その足で、近くの西新井大師に参詣した。
  以前西新井大師を紹介した記憶があるが、目次になく、検索しても見つからない。どうしたのかな。
  参道は短い。本来はもっと長かったと思われるが、環七が横切ったため、そこで切れたのかも知れない。
  西新井大師は真言宗豊山派の寺院であり、五智山遍照院總持寺という。

10.3.1.1.jpg
 草団子の店が多い短い参道を通ると山門、花の盛りを教える。
 寺院に入る総門で三門とも書く。この建物は江戸後期の建立。素木造、楼上に五智如来を安置してあるというが、見ることはできない。両脇には金剛力士像がある。
 門の向こうは出店が並ぶ。
   続きを読む
posted by たくせん(謫仙) at 10:16| Comment(10) | TrackBack(0) | 探花・探鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月18日

見沼代親水公園(下)

P4254197.JPG
 ここから尾久橋通りを渡ると、道は二筋に分かれる。左側は水路沿いに毛長川まで五百メートルほど。右の道は自動車の陰になるが、短くてすぐに毛長川になる。木陰の気持ちのいい道だ。

P4254198.JPG
 水路沿いは、ただの道路になってきた。この水路は三百メートルもない。
   続きを読む
posted by たくせん(謫仙) at 08:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 探花・探鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月15日

見沼代親水公園(上)

 毛長川に少し離れて見沼代(みぬまだい)親水公園がある。恰好の散歩コースだが、少し遠い。
 下の地図、右下の古千谷橋まで、竹ノ塚駅から1.6キロある。散歩なので、もちろんそこまでも歩く。
 もし鉄道で行くなら日暮里舎人ライナーの終点、見沼代親水公園駅まで行くのが早い。終点のふたつ手前が何度も紹介している舎人公園の真ん中にある、舎人公園駅である。

 minumadaichizu1.jpg P4254136.JPG 横800ピクセル

 左上から右下への太く青い線が毛長川。東京都と埼玉県の境の川になる。細く青い線が見沼代親水公園の水路だ。
 古千谷橋は名ばかりで橋はない。

P4254132.JPG
ここが公園の始まり。
   続きを読む
posted by たくせん(謫仙) at 07:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 探花・探鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする